小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えび祭り
前々回のブログの続きです。

終点の加太では、3年ぶりの開催となる加太春日神社渡御祭、通称えび祭りが盛大に行われていました。



豊漁を願い、伊勢海老漁の時期に行われるこのお祭り。
一昨年は高齢化などによる人手不足で中止、昨年は東日本大震災の影響で自粛となったとのこと。
今年も開催が危ぶまれたそうですが、加太地区以外の方に参加を呼びかけ、実現に至ったそうです。
「知り合いが出るから、久々に(加太線に)乗ったのよ」
そう仰るのは、親子3代でえび祭りを観に来られたご婦人。
一人で加太の町を歩いていた私に、ご主人が話しかけてくださって意気投合、
途中まで色々なお話をしました。
加太線は、沿線住民以外なかなか乗る機会がないこと。
でも、外から観光に来られる方には是非オススメしたい場所であること。
もし加太線がなかったら、道が混雑するから車では来たくないし、えび祭りにも来なかったかも...などなど。
人を動かす力。そこから繋がるご縁。
やっぱり、鉄路は偉大です。

加太では、どうしても行きたい場所がありました。



温泉旅館「大阪屋 ひいなの湯」さんです。
実は、私が初めて関西ウォーカーさんの誌面に出させていただいた2008年8月6日発売号に、ひいなの湯さんも紹介されていて、とても印象に残っていたのです。
その後、ひいなの湯の料理長、赤間さんとtwitter上で知り合うことができ、今回ようやく、直接お会いすることが叶いました。
短い時間ながら、加太線のことや加太という土地、えび祭りについてなど様々なお話をし、加太への愛を端々から感じることができました。



こちらは、赤間料理長の自信作。
初代「和歌山味匠(たくみ)」にも選ばれた「加太・鯛どんぶり 美肌餡かけ ~和歌がえり~」です。
名前からして、女性としてはついつい反応(^^)
これをどうしても食べたかったんです♪
鯛身の甘みと、鯛の骨や鱗からとった出汁の旨みが合わさって美味しいのなんのって。
また食べに行きたいのんほい☆

旅館前では、えび祭り一番の見所である、獅子舞の奉納が行われていました。
普通の獅子舞とは違い



櫓に獅子舞が登り、アクロバティックな舞で観客を魅了!
櫓に足を掛けて宙返りなんて技も飛び出し、その度に歓声が上がっていました。

帰路の加太駅ホームでも、列車を待つ列から
「あの獅子舞はすごかったなぁ」
という興奮気味の声がちらほら。
行きで一緒になったご家族もたまたまご乗車されていて、子供さんはぐるぐると首を回して獅子舞の真似。
楽しい思い出を乗せて、ワンマン列車は加太を後にしたのでした。



凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

明日5月24日は、UST鉄道情報局の放送日です☆
今回は、月後半恒例の特集「鉄道雑誌大解剖」を中心にお届けいたします。
放送時間は21時から、視聴URLはこちらです。
ご視聴、そしてソーシャルストリームからのご参加をお待ちしています!

この記事に対するコメント
大好きな南海電気鉄道ですが...........
加太線...乗ったことがないんです。30年ぐらい前、乗り鉄のプランをたてた時、候補に入れたんですが、スケジュールの都合上泣く泣くはずしたのでした( ;∀;)
【2012/05/24 00:50】 URL | てつぼん #- [ 編集]

加太線ねぇ
加太といえば、その昔徳島行きのフェリーに乗った記憶があります。
徳島の親戚のところに行くのに車で連れて行ってもらいました。
もう、30年以上前の話ですけどね。

この前和歌山行ったときに、丁度踏切事故あって、ダイヤ乱れまくりでした。
3Days使ってたので、振り替え扱いもしてもらえずにJRで神戸まで帰りましたよ。


【2012/05/24 08:16】 URL | あら@鉄人前 #9lYr91Og [ 編集]

ごぶさたでございます。
加太線は短距離の路線ながら地域の暮らしや、お祭りもしっかりと存在しているのですね。
もし加太線が失われてしまったら、地域も祭りも衰退して、どんより暗い雰囲気に…。
その上で交通渋滞が慢性的って事になるのでしょうねぇ。
沙耶さんには言わずもがなの事と思いますが、こういう地方線の廃止を防ぐ為、自分が思うに“目的地の存在感を高める”事が一番大切ではないかと考えられますよ。
鉄道で出掛けて、沿線のお店を利用する。地域イベントに参加(見に行く)。目的地になるものを創り出す。
加太線の場合、負の遺産ですが沿線に友ヶ島という軍事要塞跡があり、上手く観光資源化して人が呼べないかな?と思ったりしてしまいます。
篠ノ井線旧線の跡が観光資源化に成功したようにならないものかなと…?
【2012/05/25 12:01】 URL | 廃線バイシクル #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/942-63f77a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【えび祭り】

前々回のブログの続きです。終点の加太では、3年ぶりの開催となる加太春日神社渡御祭、通称えび祭りが盛大に行われていました。豊漁を願い、伊勢海老漁の時期に行われるこのお祭り。一昨年は高齢化などによる人手不足で中止、昨年は東日本大震災の影響で自粛となったとの?... まとめwoネタ速neo【2012/05/24 04:36】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。