小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIZUマウントエクスプレス
【東北旅行記⑧】

会津若松駅の改札を通り、その車体が見えた瞬間、思わず泣き出しそうになってしまいました。
会津鉄道「AIZUマウントエクスプレス」・・・見紛うことなき「北アルプス」。
そこにはキハ8500が、名鉄時代と変わらぬ顔でアイドリングしていました。


名鉄キハ8500。
JRキハ85と併結走行していたことでも有名な優等気動車です。
間合い運用でたまに神宮前等でも見かけたりしていたのですが、北アルプス時代には結局一度も乗れず、憧れの存在でもありました。
犬山橋をこの列車に乗って通りたかった・・・(TT)会津鉄道への甲種輸送も見たかった・・・(TT)
だから今回東北の列車に会いに行く中で、この列車だけは外せなくて。

名鉄の列車は全て、車番表記に使われる数字が特有のフォントで、勿論北アルプス号にも使われています。なので、車番を見た瞬間「ああ、名鉄だなぁ・・・」と感じました。20年以上見ているフォントだから、ここで見ることに、地元に対する懐古心のような不思議な気持ちになり、そこから先は、内壁や窓枠、トイレなど見る毎に「ああ、名鉄だなぁ・・・」と呟いていました(^^;)それくらい、名鉄車は特徴に富んでいるんですね。


本当は全行程乗りたかったんですけれど、時間の都合等もあり、湯野上温泉で下車。
特に駅舎のことも調べずにここで降りたのですが、茅葺き屋根の趣きある駅舎でほっこりした気分になりました。

s-FH000001.jpg



この記事に対するコメント
景8500
名鉄時代に乗りたかったんですがその頃が一番、乗り鉄をサボっていて“いつでも乗れるわ”が後悔の元になってます。
前のキハ8000は間合いの特急などに狙って乗りに行った事は多数あるんですが、この車は乗る機会が無かったです。間合いの列車の運転士時刻表(スタフ)は手にいれたのですが・・・。
【2007/09/12 16:07】 URL | 仮HNでんの豚タンはすぐに売り切れる。 #- [ 編集]

キハ8500
タイトルに半角でキハ8500と入れたら正しく表示しませんでしたm(__)m。
タイトルには全角でいれましょうφ(..)。
【2007/09/12 16:10】 URL | 仮HNでん #- [ 編集]


☆でんさん

そうそう。「いつでも乗れる」は怖いですよね・・・(^^;)
キハ8000の乗車経験は全くないんです・・・恥ずかしいことです。
半角はアウトですね..._〆(゚▽゚*)ありがとうございますm(__)m
【2007/09/20 00:52】 URL | 小倉沙耶 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/9-99f228c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。