小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手柄山交流ステーション
今日は、本日開館した、手柄山交流ステーションへ行ってきました(^-^)
手柄山は、かつて姫路モノレールの終点だった場所。
1966(昭和41)年から1974(昭和49)年という、短い期間しか運行されなかったことと、一昨年まで一度も公開されなかったことから「幻のモノレール」とも言われていました。
その車体を眺めることができるばかりか、車内に入ることもできるという、夢のような施設です。



手柄山駅の建物を転用しているため、当時の雰囲気に浸ることができますよ。



施設内には、当時の貴重な資料やジオラマなども展示されています。
そして、ホーム階から下に降りると



何と、モノレールの下部を、こんなに間近から眺めることができるんです!

姫路モノレールは、ロッキード式という走行方式を採用していました。
この方式の特徴は、コンクリート軌条にある1本のレールの上を、鉄車輪で走行するもの。
左右にもレールがあり、押さえ込む形で車両を安定させます。
この方式は、姫路モノレールと小田急向ケ丘遊園モノレール線でのみ採用されました。
どちらも現在は廃線となっており、向ケ丘遊園モノレール線は既に車両や鉄道施設が撤去・解体されているため、手柄山交流ステーションは、ロッキード式モノレールを見ることができる、とても貴重な施設ということになります。

施設の開館時間は9時から17時まで、休館日は毎週火曜日となっています。
入館料は無料です☆
是非、皆さんも行ってみてくださいね!

この記事に対するコメント
幻のモノレール
といえば、うちの近所にも1年間だけ走った路線がありました。ほんの数年前まで廃線跡に遺構がかなり残ってたのですが、今では跡形もありません(ToT)

こんなふうにかつての様子が伺える施設が存在するのは、うらやましいですね(・_・ )
【2011/04/30 01:23】 URL | ほのおちゃん #L9s05DP. [ 編集]


スタンプラリー手柄山から名古山霊園まで徒歩で制覇しました。
【2011/04/30 01:26】 URL | ブルドックくろしお #- [ 編集]


モノレール休止から、車両は現在位置にほこりをかぶって長い間放置されてました。

幼稚園の遠足で手柄山に行った時、謎の階段を下りるとべニア板でふさがれてました。

そこを通過すると、電車らしきものがほこりをかぶって中見えないくらい放置されてました。
年月は過ぎ、モノレールの軌道は邪魔なとこから撤去され、しかしマンションの中に駅があった
大将軍駅は、財政難で取り壊せなかったようです。

地方や若い人は、ビルの上にコンクリートの軌道が何なのか不思議がってました・・・。

短期間で営業を終えたモノレール施設に解体費用など出せないのが本音でした!!
【2011/04/30 02:39】 URL | たっくん #- [ 編集]


(続)当時の姫路市長は、播磨地域から但馬地域の延伸を考えていたそうです。

結局、責任もとらず任期終了~!!

今回は手柄山の上に戦没者慰霊碑があることと、日本でも珍しい(生体に詳しい)水族館の
耐震工事で、日の目を見ることになったのです。

また水族館も個人周りしてますけど、入園料安くカメさんにもさわれると思いますのでよってください。それと国宝・世界遺産の姫路城の敷地の中には市立の動物園があります!!
ここも、入園料が大人100円くらいで安い!!
いろんな動物いますよ♪

めったに見れない姫路城の修復工事も生で見れます!!
梅小路所属のSLの点検が網干総合車両所なので、たまにEL+SLが見れますよ♪
【2011/04/30 02:54】 URL | たっくん #- [ 編集]

もう行かれたのですね!
 一昨年秋に車庫線からホームへの移動作業に際して1日のみ公開された時に見に行きましたが、やっと整備が済んで一般公開されたのですね。
 写真を見るとやはり昔のままの公開とはいかなかったようで内装はほとんど取り替えられていますね。ただ、当時のスピーカーや駅名板・広告板等をリフレッシュして設置されているようでなかなか良い雰囲気ですね。
 車両もきれいに整備され、座席の張り替えもされているようで座ることができるのは良いですね。近いうちに是非見に行きたいと思います。
【2011/04/30 18:11】 URL | 豊橋のとも #PkLqY056 [ 編集]

幻のモノレール
おはようございます。
今や「ロッキード式モノレール」は、その存在が消えてしまっただけに貴重な存在ですね。
もしもこのモノレールが、今でも残っていたらどの様な路線延長がされていたのか、今想像してみるのも楽しいといえましょう。

今にも走りだしそうなレイアウトですね!
【2011/05/01 08:01】 URL | みゃあみゃあ #rS29Q1T2 [ 編集]

廃線跡の記録
という本で見かけてはいたのですが・・・。
阪急電車を乗りにいくついでに、果たして姫路まで足を伸ばせるか!?遠征の準備ですね。

>夢のような施設
おおっ!車内に入れるんですか!貴重な上に、無料とあっては嬉しい限り。是非行きたいです!

先頭形状を見て、なんとなく「けろっこ子デメタン」を思い出してしまうのは私だけでしょうか?(笑)
【2011/05/03 23:01】 URL | ながぬー #JzFna1A6 [ 編集]


水族館はまだオープンしていません。7月です。
【2011/05/14 15:36】 URL | #- [ 編集]

私も見てきました。
初めまして。
私も、GW期間中に見てきました。

私自身、幼い頃に乗った記憶がありますが、車体の形状は何とか覚えていますが、車内の様子や、駅の雰囲気などは、記憶があやふやでした。ただ、手柄山駅にモールがぶら下がっていたことは覚えています。

行ってみて、当時の雰囲気が、何となく思い出されるような気がしました。
また、当時の広告看板が再現されている様子は、昭和40年代の雰囲気を今に伝えていますね。
また、車両は、大きな窓と言い、柔らかな座り心地のクロスシートといい、当時としては意欲的な設計で、アコモデーションも、当時の水準で見れば高いと思います。

あと、車両の先頭形状を見て、JR西日本の221系や223系に通じるものがあると思うのは、私だけではないかも……。
【2011/05/14 22:55】 URL | T.N. #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/805-9354fe9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。