小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DF50へ会いに
昨日のブログと話は前後してしまいますが、赤川鉄橋へ向かう前にふと思いたって、東淀川区・菅原天満宮公園で静態保存されているディーゼル機関車、DF50の4号機を見に行きました。

この形式が活躍したのは1960~70年代頃。
最後まで運用が残っていた四国でも80年代前半に姿を消したということで、残念ながら走行している姿をこの目で見たことはありません。
ただ、1号機が愛媛県伊予西条市の四国鉄道文化村、18号機が大阪市の交通科学博物館と、自分にとって身近な場所に保存されているということもあり、自然と親しみがわいた形式だったりします。

そんなDF50 4号機。
この日は近づくにつれて何やら騒がしい雰囲気。
道の途中からはちょうちんもぶら下げられ、公園内では子供たちがお神輿を担いでいました(^-^)
そう、ちょうど町内のお祭りの日だったんです!

DF50も、顔を更に赤らめていました。



アクリル板で覆われているため、はっきりした写真は撮れませんでしたが、実際見るととっても幻想的でしたよ~☆

その後、赤川鉄橋へ向かう道も・・・



素敵な光景に出会えて幸せでした(^-^)

この記事に対するコメント
保存機
状態の良い保存機を見るのは、ホッとしますが、状態の悪い物は、見ていて悲しくなります。

鉄道ファンが集まって、何かできればいいんですけどね。
【2010/10/27 04:08】 URL | はざま けんじ #- [ 編集]


私も走っているDF50は結局見られなかったので、
交通科学博物館に保存が決まったときにはソッコーで行った物です。

こちらで保存されているDF50も見ましたよ。
近くには名機EH10も保存されているので、実家にいるときは時々自転車で見に行ったものです。
【2010/10/28 21:08】 URL | うえしょう #8oDWknuw [ 編集]

ポンポンポンポン
>菅原天満宮公園
あれ?ここ、赤川鉄橋の近くではないですか!?行ってない(T_T)
改めてブログ見てて、たった今気が付きました。不覚・・・。
次回、赤川鉄橋に行った時に行くぞ!

>1960~70年代頃
ギリギリ見れたかもしれませんが、関東に住んでたからなぁ。走行している姿を見たかった。

>はっきりした写真は撮れませんでしたが
しっかり守られている証拠ですね。はっきりした写真が撮れなくても、ホッと一安心出来ますよ(^_^)。ちょうちんの明かりを浴びて、赤く幻想的な色はいいですね。これだけでも癒されます。

>素敵な光景に出会えて幸せでした(^-^)
小倉さん、羨まし過ぎ!いいなぁ・・・。
【2010/11/03 20:30】 URL | ながぬー #JzFna1A6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/735-3c12d91d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。