小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明知鉄道の魅力再発見ツアー「アケチ6で遊ぼう!」

皆さん、おはようございます。
最近徹夜続きだったのと、イベントが無事終わった安心感から、、ブログを書きながら寝入ってしまっていました(^-^;)
そう!昨日は明知鉄道の魅力再発見ツアー「アケチ6で遊ぼう!」が開催されました!
ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございましたm(_ _)m

ツアーは恵那駅からスタート。
明知鉄道の最古参車両、アケチ6に乗車し、車内で講習を受けながら明智へ向かいます。
実際に乗車しながらの運転動作等の説明は臨場感抜群!
あっという間の50分でした。
そして、私は今までの体験運転ですと信号操作を行っていて、実際に運転することがなかったのですが、今回は初めて明知鉄道の車両を動かしました(^-^)
体験運転の感想を一言で表すと…
「ハマっちゃった!」
です☆
自分で運転するのがこんなにも楽しいとは思ってもみませんでした!
前の方からブレーキレバーとエンジンキーを受け取り、自分の手で車両に命を吹き込む感動。
ノッチを上げてエンジンが唸る興奮。
停止位置でピッタリ止まることと、ブレーキのショックを与えないことの難しさ。
とにかくあっという間の時間で、リピーターさんが多いのも頷けました。
ちなみにアケチ6型はブレーキ管の長さがアケチ10型に比べて短く、ブレーキをかけた時のレスポンスが早いそうです。
今度はアケチ10型との乗り比べをしてみたいと思います(^-^)

体験運転終了後は、参加者の皆さんと岩村でミニミニツアー。
トロッコと線路のある酒蔵・岩村醸造さんでは、ちょうどバスツアーでお見えの方々と同じ時間になり、とっても賑やかでした。
鉄道も町も、賑やかで活気があると何だか嬉しいですね(^-^)


今後も、明知鉄道では様々なイベントを企画しています。
お日にち、時間が合えば是非是非ご参加くださいませ。
もちろん、普段の明知鉄道もスローライフな時間が流れ、癒やしを与えてくれます。
いつでも乗りに来ておんさい♪

この記事に対するコメント
昨日はありがとうございました!
私は昨日、初めて明知鉄道に乗りました!体験運転はブレーキが予想以上に難しかったです。岩村の街並みもとてもよかったです。明知鉄道にまた乗りたくなりました。本当にありがとうございました。
【2010/08/08 09:13】 URL | 旅青年T #- [ 編集]

昨日はありがとうございました
樽見鉄道、明知鉄道、長良川鉄道と3日間で乗り潰して、帰りのN700系(無線LAN)から書き込みしています。

明知鉄道の皆さんには、車両のこと運転のことなど暖かく教えて頂き、プロの方と触れ合う貴重な機会になりました。
小倉沙耶さんには、岩村の案内だけでなく、移動中の車内でもガイドをしてもらえて、初めての明知鉄道にも詳しくなれました。

1日のツアーだったので、準備の方は大変だったと思いますが、参加する側としては長い時間を楽しく過ごすことができました。

家からは遠いので、明知鉄道まで足を運べる機会は限られてしまいますが、また遊びに行きたいと思っています。
小倉沙耶さんと明知鉄道の皆さん、ありがとうございました。
【2010/08/08 18:56】 URL | すとりーむ #YjTMmlic [ 編集]


ブログ3年目おめでとうございます(^O^)
【2010/08/11 00:03】 URL | #- [ 編集]

体験運転
 私は、旧ふるさと銀河線の陸別駅で、体験運転をしました。
 確かに、低速とはいえ、衝動無く所定位置に停車させることの難しさを痛感しました。実際にはこれに定時刻が加わるわけですから、まさに職人技です。
 ちなみに、私の体験運転のときは、地元の方の直前横断があり、非常制動も経験しました。
【2010/08/11 00:34】 URL | キマロキ #LezRqYSM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/684-6b7bd4ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。