小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小坂鉄道三重連!!
【東北旅行記⑤】

凸凸凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

一生に一度は行ってみたかったんです。見てみたかったんです。
私にとって「聖地」な場所。
ついに!!小坂鉄道に行ってきましたー(^^)

ここは私の大好きなタンク貨車(しかも大好きな濃硫酸専用タキ)をたくさん運ぶ、貨物専用鉄道(昔は旅客輸送も行っていました)なのですが、それ以外にも特色があって、日本では数少ない、機関車の三重連を見ることができる路線でもあります。
ただ、いつでも見れるわけではなくて、重連では貨車を運べないほどの大編成にならなければ三重連とはならないわけで・・・

貨物列車は一日2往復走るのですが、1往復目は重連。
往路で濃硫酸を積んだタキを大館で降ろし、空のタキを連結して小坂に帰るのですが、両方とも両数が少なくて
「うーん、振られちゃったかなぁ」
なんて思っていたのですが。が!
2往復目は小坂駅の腕木式信号機と絡めて写真を撮ろうかなー、と小坂駅に行ってみたら・・・車庫からゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・と大きな音を立てて現れたのは三重連のDD130!
写真で見るのと実際に見るのとでは迫力がまるで違いました。凄い!重厚な雰囲気!カッコ良すぎる・・・(TT)
思わず涙があふれてしまいました。

神岡鉄道が廃線になり、これだけの濃硫酸専用タキの編成を見られるのはここだけになってしまいました。
また来るから。絶対に来るから!
どうかその時まで健在で・・・
そう思いながら往復の写真を撮り、小坂鉄道を後にしました。

s-FH000026.jpg



この記事に対するコメント
小坂
鉄道模型みたい(笑)。
後ろは何とかドーム?
【2007/09/14 12:19】 URL | 仮HNでんの注文機は別名誘導くん #- [ 編集]


後ろは大館樹海ドームです(^^)
確かにドーム効果もあって模型みたいですねー。
【2007/09/20 00:48】 URL | 小倉沙耶 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/6-512e28e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。