小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下資源館
日曜日は、甥っ子達を連れて豊橋市運営の博物館「地下資源館」へ行ってきました。
館内では鉱石や鉱物、地下に眠るエネルギー源の展示や紹介がされています。
入口は紀州鉱山の坑道を模した作りで、そこを進むと、バッテリーロコと人車がお出迎え(^-^)

地下資源館1

地下資源館2

人車の内部は覗くことができるようになっています。
甥っ子は
「乗っていい?乗っていい?」
と弾んだ声で訊いてきましたが、残念ながら立ち入りは禁止です。


展示ケースも車両の形をしているんですよ(^-^)

地下資源館3

坑内自転車や、人が多くて撮れませんでしたがナベトロも展示されています。
坑内自転車の後ろには、紀州鉱山で実際に使われていた時刻表も貼ってあり、館内も暗いため雰囲気が出ていました。

地下資源館4

と、ここで3歳になる下の甥っ子とパパが居ないことに気づき、上の甥っ子と共に館外へ。
すると、パパに抱かれた下の甥っ子はワンワン泣いていました。
どうやら、坑道を模した暗い入り口が怖かったようで、抱っこして連れていこうとしても全力拒否だったとのこと(^_^;)
残念。もうちょっと大きくなったら、また連れてきたいなぁ…

豊橋市地下資源館は、東海道本線の二川駅から徒歩15分ほどのところにあります。
入場は無料ですので、気になった方は是非どうぞ(^-^)

この記事に対するコメント
地下資源館
バッテリーロコは、箱型そのものなのですね。

豊橋の地下資源館は行ったことが無いのですが、足尾の銅山歴史館と似たようなものでしょうか?

足尾のほうは、今月に入りガソリンカーが復元されましたね。

どちらも一度訪れたい場所です。
【2009/08/26 09:06】 URL | 久留米の次 #IbsVbjKs [ 編集]

なかなかスゲーとこで
確かに小さい子にはグロっぽく感じることもあるかもね、そーいう雰囲気だと(^_^;)

【2009/08/26 12:55】 URL | ☆さる★彡 #UeZ5sW8c [ 編集]

ちょっと恐い
地下は、少し苦手です。
自分はえち鉄も行きたいですけど明智鉄道に早く行きたいですね。
その前に沖縄行ってきます。もちろんゆいレールは乗ります。
【2009/08/26 19:23】 URL | えちぜん(ひさとし) #- [ 編集]

地下でも鉄ですね
地下鉄博物館というのはありますが
地下発物館は知りませんでした。

今度豊橋に行くことがあれば、寄りたいと思います。
【2009/08/26 20:36】 URL | sleepcherry #- [ 編集]

地下資源館
営業中に案内標識を見かけて以来気になってはいたのですが…。
中はこんな感じなのですね。
地元にいながら知らないことも多いなと改めて気付かされます。

甥っ子さんにさりげなく鉄道の英才教育が施されてるような…(笑)
気のせいですかね?
【2009/08/26 20:51】 URL | あいち #- [ 編集]

地下に
資料館でもあるのかと思いました(爆)

仁川駅から徒歩圏内なら今度の青春18で寄り道するのもいいかもしれないですね。
【2009/08/26 23:33】 URL | りあっち #- [ 編集]


 豊橋って、炭鉱とか地下資源関係の産業ってありましたっけ...?(^-^;
 フォッサマグナはちと遠いし... 豊橋技術科学大学の関係かな?
【2009/08/27 18:59】 URL | チャーハン作るyo!! #iuKSBJXk [ 編集]

うわ~~~(*^_^*)
地下資源館!!
私の家から車で3分です(笑)
懐かしいですね~。そういえば最近行ったことないです。
近い物ほど行かなくなるものですねf^_^;
【2009/08/30 07:17】 URL | ラスカル #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/478-54f0bd14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。