小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧内子線の写真
4月4日(土)に、私が案内人として参加する、JR四国主催の駅からウォーク「銀河鉄道999の原点を観る 旧内子線廃線ウォーク 」。
内子駅長さんから、参考になれば・・・と写真を送っていただいたのですが、その写真がとても素敵だったので、何枚かブログに載せたいと思います(^-^)

s-旧内子駅構内

こちらは、旧内子駅の構内。
今では内子の自治センターとなり当時の面影はありませんが、「国鉄 旧内子駅跡」と書かれた石碑が、そこに駅があったことを今でも伝えています。
中央の国鉄色キハ20がいい味を出していますね~♪

s-二本松トンネルとキハ20

こちらは、二本松トンネルを行くタラコ色のキハ20。
現在は廃線となっているのでトンネル内部に入ることはできませんが、そばに近づくことはできます。
気動車好きとしてはたまらない写真です(^-^)

s-五郎駅を出発するC12

最後の写真は、五郎駅を出発する貨物列車です。
力強く上がる黒煙が渋いですよね。
このC12 231号機は、現在内子駅前で静態保存されています。
そして、注目すべきはハエタタキ!
鉄道電話などの通信線を張っている電柱の俗称なのですが、幹線になるほど沢山の線を張るために横の棒が多くなり、よりハエタタキらしい形になります。
現在は光ファイバーや無線などが整備され、ほとんど見かけなくなりました。
五郎駅のものは、立派なハエタタキ。
かつてこの駅は、予讃線と内子線の乗り換え駅でした。
ホームが2面3線あり、賑わいを見せていたのも今は昔。
現在は1面1線の無人駅となっています。

まだまだ写真は沢山あるのですが、そちらの写真はウォーク当日に内子駅長さんや私が解説しながら、皆さんをご案内いたします。
参加には事前予約等は必要なく、当日受付にて参加費として100円(保険料)をお支払いください。
詳細は駅コミ内「駅からウォーク」のページからご覧いただけます。
お問い合わせは内子駅0893-44-2233へお願いいたします。
来週の土曜日、4月4日の朝10時に、内子駅にてお待ちしております(^-^)
今からとっても待ち遠しいです♪

この記事に対するコメント
そういえば
 このところ、遠出してないせいもあり、廃線めぐりもしてないです。
 気候がよくなったら、日中線の跡でも行ってみようかな。車に自転車載せて…。
 ハエタタキも懐かしいですね。私は北海道でよく見かけました。
 内子駅も、Nゲージで再現してみたくなる駅の雰囲気ですね。
【2009/03/25 00:35】 URL | キマロキ #LezRqYSM [ 編集]

廃線跡
廃線になる前に一度だけ行った旧内子線、他の線と混同して、あまり覚えていないので、貴重な写真を見ることが出来て嬉しいです。
【2009/03/25 07:11】 URL | 久留米の次 #IbsVbjKs [ 編集]

いいお写真ですね
これは、私の憧れる日本の原風景ですね。

こういう古きよき時代があったのですね。
【2009/03/25 14:44】 URL | はざま けんじ #- [ 編集]

懐かしいです!
小さい頃、汽車に乗って五十崎駅まで行って、
大凧合戦を見たのを思い出しました。
機会があれば、何十年かぶりに行ってみたいです。
【2009/03/25 20:38】 URL | KUDA #5rBK28rI [ 編集]

未開の地
四国の内子線はまだ未開の地です・・・。写真を拝見する限り古きよき日本がありますね。

4日は四国にはいるのですが・・・内子線にすればよかったとブログ見て後悔しております。
【2009/03/25 21:46】 URL | りあっち #- [ 編集]

内子の街
ずっと前、松山に行き、坊ちゃん列車などを見たあと、ふと列車に乗って内子に行きました。もう内子経由も予讃本線にはなっていましたが。
床屋から何からレトロ調でまとめられ、当時そんな街は少なかったので、何時間も歩いてしまいました。
帰りは路線バスでうとうとしながら松山に戻り、そこから特急に乗ったような。。。
【2009/03/25 22:38】 URL | sleep cherry #- [ 編集]

貴重な写真ですね!
資料的な価値のある素晴らしい写真をご紹介下さいましてありがとうございます♪
【2009/03/27 10:34】 URL | 馬民 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/384-71bb9608
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。