小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷宮入り?
調べても調べても、どうにも分からなかったので、今日はあえてそのまま載せてみます。
広島8番

写真は、広島駅8番線の車止めです。
8番線は切欠きホームのため車止めがあるのですが、ここにはちょっと気になるものが。
広島枕木1

コンクリート部分には「1967-10」の文字。
資料は見つかりませんでしたが、たぶん1967年10月に作られたということなのでしょう。
私が気になったのは、コンクリートに打ちつけられている枕木の存在です。
この枕木に何か理由があって、ここに付けられているのか、「枕木をホームに付ける」ことに意味があるのか・・・
こういうことを調べはじめると、没頭しちゃうんです。
1967年に、芸備線や(8番線は芸備線ホームです)広島駅に関する何かが起きていなかったか、いろいろ調べていましたが、手がかりなし。
ううーん、これは迷宮入りかも・・・

凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

駅探さんで連載中の「小倉沙耶リポート さよならはやぶさ ありがとう富士」の最終回がアップされました!!
どうしても上り列車に乗りたかった理由から、終点の東京駅の様子、九州発着ブルートレインへの想いなどを綴っています。
是非、ご覧くださいね!

この記事に対するコメント
不思議ですね
広島行ったばかりなのに、気がつかなかった(>_<)
私も真相探してみまーす
【2009/03/11 06:39】 URL | やまっち #NMgcaBO6 [ 編集]

縦に建っていた?
車止めの数字は造った時期でしょうね。
で、写真を見ると枕木がぶら下がっている感じですが、ボルトが合計2本見えますね。
これって現役当時枕木が縦に建っていたってことではないでしょうか?
それこそ当時は頂点にバッテンマークが付いていたりして・・・。
あくまで想像ですぅ(^^;;;
【2009/03/11 07:36】 URL | borojin #aYDccP8M [ 編集]

分からない
いろいろ検索してみましたが、分からないですね~。
1967年10月は、芸備線の「急行ひば」がダイヤ改正で誕生しているので、それと何か関係があるのかも…


枕木のほうは、やっぱり何か打ち付けて表示した後のような感じなので、×印を取り付けたのかな?

もう少し調べてみましょう♪
【2009/03/11 10:50】 URL | 久留米の次 #IbsVbjKs [ 編集]

似たもの??
ご存じかと思いますが。。。
信越本線横川駅の車止めはコンクリート+枕木です。
【2009/03/11 21:15】 URL | ぢゃめ #PO6Sbmtg [ 編集]

謎ですね~
 ホームの土台の枕木が、コンクリを打ったときに、はみ出た…なら
切ればいい話だしひし形にする必要も無いし…。
 こんなときは、広島駅に問い合わせてみるのも手かもしれません。
 ちなみに、車止めには、第1種、第2種、第3種甲、第3種乙という鉄道省時代に定められた4種類があります。
第1種…バラスト山盛りに、車止め標識(安全側線等で使用)
第2種…ゲージ間にレールをピラミッド状の櫓(やぐら)の形に組んだもの(本線の終端部など)
第3種甲…鋳鉄製の部品をレール上にボルトで固定したもの(機関区で使用)
第3種乙…レール終端部を上部に山状に曲げたもの(重要度の低い留置線などで使用)

 コンクリート製の車止めや、さらにオイルダンパーを装着した車止めは第2種に代わるものとして登場しました。

 この車止めの分類は何だろう…、車止めの手前がわかれば、わかりそうな…。
 こうしてみると、車止めも奥が深いなぁ…。
【2009/03/12 00:59】 URL | キマロキ #LezRqYSM [ 編集]

緩衝材?
私も元々縦に建っていたように思います。

コンクリートの日焼け具合と縦位置に同じような固定ボルトが残っているので
元々長方形の木の上の部分が無くなっているのではないのでしょうか。
(写真手前部分がぼろぼろになっていますし)

木の意味は連結器の高さにありそうなので緩衝材だと思いますが・・・
【2009/03/12 07:13】 URL | 2106 #- [ 編集]

宇品線かな?
主に貨物線だった宇品線の起終点ではないでしょうか?

旅客営業もした時期もあったようで宇品港近くでは路盤跡もあります。その旅客営業をしてた時の名残ではないかと思います。
【2009/03/12 21:09】 URL | けんたん。 #- [ 編集]

くるまどめ
私も色々調べましたが、2106さんと同じで、ちょうど車両の一番最初に当たる部分(連結器の位置)なので緩衝材の役割をしていると思います。

連結器とコンクリートが直接衝突してしまうと、駅と車両の両方のダメージが大きくなってしまうので、間に木材を挟む事により、できる限り軽減させる事ができると思います。
が、
緩い速度の時にのみ有効ですね…。
【2009/03/28 16:00】 URL | 島原かづさ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/373-55f96e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。