小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れと出会い
1月に車両故障を起こし運用を外れていた、北条鉄道さんのフラワ1985-1号が、正式に引退となるそうです。
貴重な2軸車の引退…故障のため、さよなら運転が行われないのは淋しい限り。
法華口駅周辺ののどかな景色の中、レールの継ぎ目を
「タン、タン」
という音をたてて走る姿が懐かしいです。

悲しい話題だけではなく、4月5日には、樽見鉄道さんへ譲渡された車両と同型になる、フラワ2000-3号(元三木鉄道ミキ300-104号)が運用開始となります。
車両の搬入を見に行った時に、加西市長でもある中川北条鉄道社長とお話しすることができたのですが、三木鉄道さんの車両を譲り受けることについて
「まるでお嫁さんを迎えるような気持ち」
という表現をされていました。

新しく北条鉄道さんの『家族』となって動く姿を、私も見に行こうと思います。

この記事に対するコメント
フラワ1985と5E
ベースとなるバス車体の耐用年数は15~20年といわれてますが、それを考えれば、ここまでよく頑張ってきたと思います。
フラワ1985のデザインの基になった、富士5Eもかなり数を減らしていますし、時代の流れでしょうか。


北条で再デビューするミキ300にも、また乗りに行きたいですね。
【2009/02/22 01:29】 URL | FUSOきゃろる #bstFT5sg [ 編集]


初めまして。いつも楽しく拝見させていただいています。
兵庫県に住んでいまして、時々北条鉄道を撮りに行くのですが
フラワ1985-1の引退は、北条鉄道の歴史そのものだったので
本当に残念でなりません。

今回、ちょうど同じ話題を書かれていたので、
初めてコメントさせていただきました。
私も近々、北条鉄道に撮影に行こうと思っています。
フラワ2000-3には、兄弟の三木鉄道から来た車両として
これから頑張って欲しいですね。
【2009/02/22 01:32】 URL | okkie #- [ 編集]


ぉお、先日僕がmixiでご紹介した中川社長ですね!

>「まるでお嫁さんを迎えるような気持ち」
中川さんらしい表現ですね。旧国鉄時代からの幹部だったら、ただたんに代わりの車両が来たとしか思わないでしょうね。この中川さんの事だから、きっと故フラワ1985-1を送り出した時は残念に思われた事でしょうし、またその後継のフラワ2000-3を大事にしてあげよう、だから頑張ってくれよ!と思われた事でしょう。

頑張れ!北条鉄道!!
頑張れ、と言うだけじゃなくて、いつか、乗りに行こうと思ってます。
【2009/02/22 09:51】 URL | Red☆Devil #KInCQcsM [ 編集]


そうなんですか・・・。
いつか乗る機会があるだろうと安心していましたが、残念です。
DVDで往時の姿を偲ぶことにします。
【2009/02/22 10:31】 URL | maehashi #pqSWJvyw [ 編集]

残念ですね
北条鉄道へは、なかなか乗りに行くことが出来ず、
フラワ1985-1に乗ることは叶いませんでしたが、お疲れさまと言いたいですね。

元三木鉄道の車両たちは、それぞれの鉄道会社に温かく迎えられ、とても嬉しいですね。
これからの新天地で、故障や事故も無く頑張ってほしいと思います。

是非、両方とも会いに行きたいです。
【2009/02/22 20:00】 URL | 久留米の次 #IbsVbjKs [ 編集]

貴重な2軸車の引退
貴重な2軸車は、年々数をへらしていってますね。

レールの継ぎ目を「タン、タン」と音をたてて走るのがすきなんですけどね。
【2009/02/22 20:31】 URL | ヨッシー #- [ 編集]

引退ですか…
フラワ1985‐1は昨年の2月、急行銀河と三木鉄道お別れ乗車の折に
北条鉄道に立ち寄った際、偶然乗ることができました。
コストダウンに徹した設計で、仲間が次々と廃車になっていく中
およそ24年も走り続けたのは立派なことだと思います。
【2009/02/23 12:16】 URL | 隊長♪ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/360-1d06ae96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。