小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴見線とアート
先日の「鉄道とっておき話」でもご紹介しましたが、現在鶴見線の5駅(鶴見・国道・浅野・扇町・海芝浦)にて「鶴見線に降りたアートたち展」が開催されています。
一度行ったらハマってしまって、一人で2回とお仕事先の方を御案内で1回の合計3回見に行っちゃいました。
それくらい、鶴見線という独特の場所に現代アートがよく似合うんです。
アートというのは、言葉ではなかなか伝わりにくいかと思いますが、今回は写真を交えて何駅か紹介したいと思います(^-^)

一番インパクトのあった作品はこちら。

20081118-1.jpg


海芝浦駅構内の公園の端にできた、巨大な何か。
実はこれ、車止めをイメージして作られた作品なんです。
列車の車止めの延長線上であり、公園の遊歩道の行き止まりでもあるこの場所に「人のための車止め」を作りたかったそうです。
そのために、温かいイメージのある日干し煉瓦で作品を作り、海風に晒されながら形を変えていく様を楽しんでほしい・・・と、たまたま作品前でお会いした、作者の林武史先生は仰っていらっしゃいました。

こちらは、国道駅。

20081118-2.jpg


昭和の雰囲気が残る高架下に、フィルムを何枚も重ね合わせた箱がぶら下がっています。
左は実際に高架下を写した写真、右は鶴見川の水面の写真。
ただでさえ幻想的な空間が、更にノスタルジックな気持ちにさせてくれます。

20081118-3.jpg


ところ変わってこちらは浅野駅。
浅野といえば沢山の猫が居ることで、猫好きの方に有名な駅でもあります。

20081118-4.jpg


だから、作品もこんなに猫たちと馴染みます。
上手く写真は撮れませんでしたが、実際に猫たちが作品で遊ぶ姿も見られましたよ。無邪気で本当に可愛かったです(^-^)


ただなんとなく作品を置くのではなく「この駅だからこそ」という思いがこめられた作品ですから、何度見ても楽しめるのだと思います。
開催期間は12月7日(日)までとなっています。
皆さんも、機会がありましたら是非行ってみて下さいね。オススメですよ!
あ・・・ちなみに、国道駅の作品を夕方見に行くのなら、高架下の焼鳥屋さんに要注意です(^-^;;)
作品の真下にお店があるので美味しそうな匂いが漂っていて、お仕事先の人と、まだお互い予定があるのに
「食べたいねぇ、一本くらいいいかなぁ。無理だよねえ」
って話していました(笑)

この記事に対するコメント
駅deアート
駅の風景に一体となって溶け込むアート

そこに表現の素晴らしさがあるのでしょうね。

やはりこれは見に行かなければならないようで。。。(^^)
【2008/11/19 01:13】 URL | Kosaku #- [ 編集]

鶴見線に降りたアートたち展
この前コメントに書いたように、アートを見てきました。
沙耶さんに及ばないものの2回も。

雨の時に海芝浦の作品を見ると、何かもの悲しい雰囲気になりました。

やはり好きなのは、国道駅の焼き鳥屋!じゃなくてアートです。
鶴見川は近いこともあり、上流から下流まで色々なところを見ているので、そのときの思い出なども蘇ってきました。
これで以前のように鶴見線をクモハ12型や101・103系など走ってると最高なんですが…

また終わるまでにもう一回見に行ってみたいと思います。
焼き鳥屋さんにも行ってみようっと。
【2008/11/19 01:15】 URL | 久留米の次 #IbsVbjKs [ 編集]


先日は大変お世話になりました。
鶴見線には、猫やら食堂やら焼き鳥やら、魅力的なアイテムが多いですよね。

僕も、近々時間を作って行ってきます。

鶴見線の猫については、僕も以前、こんな記事を書きました。場所はぼかしてありますが、浅野駅での出来事です。
http://kageri.air-nifty.com/seoul/2007/07/post_d3ac.html
【2008/11/19 03:03】 URL | 栗原 景 #lihvp/H2 [ 編集]

地元なのに
地元なのに未だ行ってません。鶴見駅は週3日は行くのですが.....
【2008/11/20 10:48】 URL | KYO #- [ 編集]


鶴見線の駅名が、財閥の名前だったとは知りませんでした。

奥が深いですねえ
鉄道趣味・・・・

東芝に直結してるのが海芝浦で
ホームの真下が海なのは隣の新芝浦じゃなかったかなあ

一回でいいから行って見たいんですけどなかなか機会がありません。
【2008/11/21 01:41】 URL | あみ娘。 #- [ 編集]

鶴見線の楽しみ方
鶴見線は毎日利用しています。鉄道の原点が詰まったワンダーランドです。昼間は待ち時間が長いですが、そんな時は駅舎や標識類を観察してみましょう。全盛期の頃を感じることが出来るかも。ちなみにネコは他の駅にもいます。さがせばゆりや紫陽花も・・・。
【2008/11/21 11:12】 URL | tgv844 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/303-738cadaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。