小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いてもたってもいられずに
6月5日。
私の地元、豊橋鉄道の新豊橋駅が、JR・名鉄豊橋駅側に50m移転しました。
50mと聞くと微々たる距離と思われるかもしれませんが、1996年にJR・名鉄豊橋駅が橋上駅舎化されてからは乗り換えに時間がかかっていたので、乗り換え利用客にとってはかなりの朗報です。
豊橋駅側も新駅開業に伴い、隣接する商業施設内をショートカットする形の連絡通路を作り、利便性が格段に上がりました。

華々しいニュースの影で、インターネット上にて何枚か、旧新豊橋駅舎の取り壊し状況の写真を見ることができました。
幼い頃からずっとずっと利用してきた、大好きな駅。
線路が剥がされ、駅舎内の装飾品が外され・・・
淋しい気持ちで見ていたのですが、駅舎自体が取り壊されるのはもう少しかかるだろう・・・と、思っていました。
が、6月9日夜にネット上に揚げられた駅舎の写真には、仮囲い用のパイプに固められた姿がありました。

だめだ!今行かないと絶対後悔する!

そう思い、何とか11日の都合をつけて、急遽豊橋へと足を運びました。


降り立った私の目に映ったのは

とよはし1


既にシートに包まれた、旧駅舎の姿。
・・・知らなければ、愕然として崩れ落ちてしまうところでしたが、何人かの方から
「10日の昼にシートがかかりました!」
とご連絡をいただいていたので、何とか号泣する事態は避けられました。

とよはし2


駅横の道から。

とよはし3


この壁、私が大阪に帰る頃にはいくつかの部分が貫通して骨組みだけになっていました・・・

とよはし4


少し離れて。
レールの撤去はかなり早かったそうです。

とよはし5


牟呂用水(農業用水)上のレールも、綺麗さっぱりなくなっています。
この辺りで暫く感傷に浸っていると、妹からメールが。
前日に
「いてもたってもおれんくなったで、お姉ちゃん明日新豊橋見に行くで、手があいたらおいでん!」
とメールを打っていたので
「仕事終わったで今から行くわー」
との返事。

ほどなく現れた妹も、あっという間に面影のなくなった新豊橋駅に愕然としていました。
そして、私達が居る間にも
「あぁ・・・」
と声にならない声をあげて、携帯で写真を撮っていく地元の方々。
人それぞれ形は違えど、思い出がつまっている駅・・・
ユンボやクレーンがあくせく働く情景を見ながら、妹と昔話を語り合いました。

この記事に対するコメント
駅の想い出
想い出の駅が取り壊されるのは忍び難いですね・・・。
私も実家の最寄り駅で初めて駅の学生バイトをしていた小田急線の東北沢駅が複々線工事で仮駅舎になった時、寂しさを感じました・・・。
【2008/06/13 00:37】 URL | 馬民 #- [ 編集]

思い出がつまっている駅
思い出がつまっている駅が解体されてしまうのは、悲しいですよね。
お別れにいけてよかったですね。

私の地元でも、高架化(工事)より、慣れ親しんだ赤い三角屋根の駅が解体されてしまいました。解体前には、地元のみならず、近隣の人まで、写真をとりに来ていました。
高架化工事終了後、復元されるそうですが、どの程度復元されるのやら。
【2008/06/13 00:40】 URL | ヨッシー #- [ 編集]

いつの間にか
新豊橋駅が新しく開業したのは、友人から聞いてましたが・・・
よく、仕事で、駅前ターミナルでバスを止めて、休憩時間の間に、足を運んだ駅だったのに・・・
あっという間に解体されてしまうとは・・・
【2008/06/13 00:43】 URL | ひで #- [ 編集]


日常の光景って当たり前すぎて気が付かないモノなんですよね。
そして輝きは思い出の中に残るみたいです。
そんな日常が消えていったモノは写真にすらありません。

新しい新豊橋駅は便利ですか。
小荷物輸送をやっているかスロープ化されているホームが
未だに思い出に残っています。
【2008/06/13 00:43】 URL | フミ。 #cIULLd6U [ 編集]

寂しいですね。
うちの家の周りでも、地下化工事・高架工事・複々線工事などで、思い出の駅がどんどん新しくなっています。

この前、沙耶さんがブログに写真を載せていた京王線8000系の調布駅も、地下化工事で後何年かで無くなってしまいます。

新しくなって便利になるのは嬉しいですが、小さい頃からの思い出の駅が無くなるのは寂しいですね(T_T)
【2008/06/13 01:09】 URL | 久留米の次 #IbsVbjKs [ 編集]

本当にあっという間でした。
今回、撤去がめちゃくちゃ早かったです。
ラスカルも感傷に浸るまもなく・・・でした。
その隣で、祝!新豊橋駅移転のヘッドマークをつけて新駅に入線する列車を見て、私も寂しい気持ちになりました。
【2008/06/13 01:10】 URL | ラスカル #- [ 編集]

豊橋
豊鉄の旧駅は去年夏利用したのが最後になるとは・・・

旧豊橋駅というと、ここ最近だと豊橋もそうだったんですが、尾張一宮、岐阜・・・と歴史ある駅ビルも次々と姿を消してますね。
時代の流れですかね。
【2008/06/13 01:39】 URL | FUSOきゃろる #bstFT5sg [ 編集]

地元なのに…
移転してしばらくは残ってるのかな、なんて思ってたのに。
びっくりでしたよ聞いた時は(T-T)
会社近いから、その気になれば最期の姿を見に行けたのになぁ…。

600V車に続いて、思い出の渥美線がまた過去のものになってしまいましたね…。
【2008/06/13 20:41】 URL | あいち #- [ 編集]


先週土曜日にたまたま豊橋に行く機会があって見てきました。
その時にはホーム部分のレールと枕木は剥がされていました。
GWに実家に帰った時に見た姿との落差に言葉も出ませんでした。
車両は変わっても駅はほとんど変わらず長年使った駅だけに…。
【2008/06/13 21:41】 URL | モト #- [ 編集]

あら…
自分がここから電車に乗ったのは、ついにただ一度きりになって
しまいました…てか、この移転の事実を今初めて知った…(>_<)
去年の夏も市内線乗りに豊橋に行ってたのに…
多少無理してでももう一回乗り鉄しとけば良かったな…
なくなってから沸き上がる、この空しい感じ…
下りムーンライトながらの停車時間に見た、始発前の駅の寂しげな
姿が今となってはとてつもなく懐かしい…
また趣のある私鉄の駅が消えちゃいましたね…
【2008/06/14 00:50】 URL | 隊長♪ #0FtB7ubA [ 編集]

辛いですね
思い出の駅が消えるというのは本当に辛いことですね。生まれ育った場所の駅なら尚更ですね・・・。時代の流れとは言え、寂しい限りです。
【2008/06/14 08:32】 URL | エンチャン #- [ 編集]

想い出の駅
新豊橋駅、全く地元ではないけれどここ三年ほどは毎年利用しています。

あの駅がなくなったんだなあ…という思いが込み上げると同時に、沙耶さんの新豊橋のように駅舎が無くなって悲しむ駅があるのか考えてしまいました。
自宅最寄駅、高校最寄駅…、でも何かピンと来ないんですよね。

旧新豊橋駅舎も沙耶さん姉妹や地元の人達にこんなに思ってもらえるなんて幸せですねf^_^;
【2008/06/14 19:01】 URL | ごりら #- [ 編集]


ほんまですね
えらい変わりようやね
かなり、これはショックですね
【2008/06/14 23:52】 URL | なにわの運転士 #- [ 編集]


自分も豊橋の出身ですがブログで見て初めて駅の移設を知りました。

ここしばらくは故郷に戻ることもなく豊橋駅を訪れる機会も無かったのですが
この状況を見て近い内に帰ろうと決心させられました。

西武が無くなり、ダイエーも無くなりさらにこれ、駅前って寂しくなる一方ですかね?


【2008/06/15 23:20】 URL | ともくん #oM6tt0T6 [ 編集]

知らなかった・・・
新豊橋駅は、まだ1800系が走っていたころに訪れました。
目的は、市内線の3300形だったのですが、
外から筒抜けの感じが面白くて、ついつい長居してしまったのも思い出です。

思い出の駅が無くなるのも、思い出の路線が無くなるのもさびしいものですね。
そー言えば、京阪京津線京都軌道線廃止の時は最後、涙が止まらなくなった記憶があります(^^;。
【2008/06/20 22:29】 URL | とらむ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/190-4b347867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。