小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋と路面公共交通~「なごや交通まちづくりプラン」策定記念対談~
遅くなりましたが、2月8日に行われた『名古屋と路面公共交通~「なごや交通まちづくりプラン」策定記念対談~』へお越しくださった皆様、ありがとうございました。
今回は市民の方へ路面公共交通について知っていただくためのキックオフイベントとして開催されたため、なるべく分かりやすく、楽しくというのを全面に出す形で進めさせていただきました。
対談をご一緒させていただいた地域公共交通総合研究所 服部重敬さんの軽快な語り口もあり、あっという間の時間でした。
会場もほぼ満員!
壇上ではなく、フラットなスペースでの対談だったので、皆様の路面公共交通に対する熱意を近くから強く感じることができました。

対談は私がメインでお話しする1部、服部さんメインの3部、そして参加者からの質問にお答えする3部の構成となっており、1部では路面公共交通の楽しさの例として、全国各地で走る花電車のご紹介を主にお話ししました。
路面電車はまちのワクワクを伝える乗り物であり、動くランドマークです。
単なる移動手段ではなく、まちの装置として利用できる路面公共交通が、名古屋で走る未来。
ご来場の皆様に伝わっていれば幸いです。

そして、名古屋は車社会と言われていますが、実は自家用車の依存度が高い都市だからこそ、基幹バスやガイドウェイバス、浮上式リニアモーターカーといった全国的にも珍しい交通システムを持つに至ったといお話しも(リニモはちょっと経緯が違いますが)しました。

休憩の後は第2部。
服部さんから、なぜ今、路面公共交通を導入しようとしているのかという話をしていただきました。
歩道からもっとも距離の近い公共交通機関=路面公共交通を活性化させることで、まちの活性化にも繋がること。
そして実際に海外で導入されている路面公共交通システムもご紹介いただき、名古屋でこれを導入したら、どのような長所があるのかといった話題もお話しされました。

3部は、予めいただいたものと挙手形式での質問に答える時間。
導入において市民への税金等が負担にならないか、導入だけで終わってしまうのではないか...などなど、厳しいご意見もいただきながらの進行となりました。
今回の内容については、今後名古屋市の交通まちづくりページで公開されるとのことですので、その際はまたアナウンスさせていただきますね☆

お世話になった皆様とご一緒に。

IMG_4568.jpg

交通まちづくりについて、もっともっと勉強をし、これからもしっかりとアウトプットできるように頑張ります!

この記事に対するコメント
初めまして
姫路市モノレールから、たどり着きました(^_^;)。

今後、宜しくお願いします^o^。
【2015/02/22 04:48】 URL | 須釜 拓朗 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/1303-ee321e8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。