小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スノーパル23:55乗車記 その2
前回のブログの続きです☆

時刻は23:55となり、いよいよ発車!

IMG_3929.jpg

この時点での乗車率はおよそ4割。
利用が少ないのかな...などと感じていたのですが、新越谷を発車する頃には8割の座席が埋まりました。
客扱い最後の駅となる春日部駅では、友人から差し入れが(^-^)
ありがとう!

IMG_3933.jpg

そうそう!
浅草へ向かう前、久々に人形町の鉄道居酒屋キハさんにお邪魔したんですが、そこでも「遭難した時用に」食料をいただいたのでした(笑)ありがとうございます☆

IMG_3902.jpg

IMG_3931.jpg

春日部を過ぎると、少しずつ眠りにつく姿が。
しかしながら、さすが女性専用車。あちらこちらで楽しそうな女子トークが聞こえます。

1:10になり、車内は減光されました。
一瞬静まりましたが、気にならない程度のヒソヒソ声で、恋バナに興じるグループが。
何というか、修学旅行の夜みたいで、少し微笑ましかったです(^-^)
列車が鬼怒川線へ入り、暫くすると、車内は無音に。ようやく就寝モードとなりました。
ここからが夜行列車の醍醐味。
カーテンと窓の間に頭を入れ、暗い景色の中を息をひそめて覗きます。
子供の頃、寝台特急さくらやあかつきのB寝台で同じことをしました。
普段なら夜更かしは親に怒られてしまいますが、B寝台の中は自分だけの聖地。
ワクワクしながら景色を眺めていたことを思い出します。

sakura_20150204183404df2.jpg
(右の男の子っぽいのが私です。左は妹♪)

続きます☆

この記事に対するコメント
想いは一緒.....
開放式でもハネやロネの旅は異空間的存在でした。
小倉さんは14系の『さくら』と『あかつき』のようじゃけど、
おどんは、西鹿児島へ向かう20系の『はやぶさ』と『あかつき』が聖地でした。
寝台車の空間で感じる独特の感覚は、車両が違っても、自分が歳をとっても、
いつも同じですな.......ホント、ワクワクします。
【2015/02/04 20:01】 URL | てつぼん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/1298-3f0e0487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。