小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明知鉄道沿線地域公共交通シンポジウムへのご来場ありがとうございました&明日はモハキハトークショー
明智文化センターで開催された「明知鉄道沿線地域公共交通シンポジウム まちづくりのカギは鉄道にあり」へご来場いただいた皆様、ありがとうございました!

写真


ひたちなか海浜鉄道代表取締役社長の吉田千秋氏による基調講演「鉄道がまちを変えた!」では、地元地域との連携と具体的な支援について、そしてまちへの経済効果などをお話しくださいました。
東日本大震災により甚大な被害を受けた湊線へ、満場一致で支援を決めたひたちなか市。
その理解が得られたのは、吉田社長指揮の下、ひたちなか市、おらが湊鉄道応援団、自治会組織、商工会議所などとしっかりコミュニケーションを取り、タッグを組んで進んできたからだと思います。
明知鉄道を応援するものとして、学ぶ部分もたくさんありました。

パネルディスカッションでは名古屋大学大学院環境学研究科准教授の加藤博和氏をコーディネーターにお迎えし、吉田社長に加え、若桜鉄道代表取締役社長の原卓也氏、明知鉄道代表取締役専務の丸山朝夫氏、明知鉄友会の伊藤早智雄氏と私がパネリストで、中部運輸局交通企画課長の三島梨加氏、リニアまちづくり明知鉄道沿線住民委員会会長の藤井鉦三氏がコメンテーターとして登壇しました。
テーマは「鉄道に乗って、守って、続けて、まちも元気に!」。
今回は、SLを明智駅構内に移設したことをきっかけに、SLも含めた公共交通を活用した沿線地域の活性化や交流人口の拡大についてトークを繰り広げました。
私は、SLを軸に据えたまちづくりということで、新潟市秋葉区新津のまちづくりなどについてお話しをしました。
新津観光協会さんが取り組んでおられる「にいつ限定!鉄道SOUL FOOD」や観光名刺の活用などは、明知鉄道沿線でも比較的容易に取り組むことができるのではないかと思っています。
よろしければ、新津観光協会さんのウェブサイトをご覧くださいね。

そして、若桜鉄道原社長による、SLや古い車両を活かしてどう収入に結び付けるかという話はとても具体的で、明知鉄道の丸山専務もうんうんと頷いていらっしゃいました。

明智鉄友会の伊藤さんがお話しされた、明智駅構内に移設されたC12 244号機の「今まで」のエピソードは、それまで静態保存されていた明智小学校の子どもたちとの触れ合いを軸に展開されました。
汽笛の修繕を行い、実際に音が鳴った時の、子供たちの目の輝き。
明智駅構内への移転は、子供たちにとって淋しいものであったかもしれないこと。
だからこそ、子供たちが「移転して良かった」と思える結果にならないと申し訳ないという伊藤さんのお話しは、深く胸に突き刺さりました。

丸山専務からは、地産地消を核とした更なる観光客の獲得と、ヘッドマークを活用した地域との連携などについて紹介があったほか、地域に愛される鉄道になるために今後どう知恵を絞っていくべきなのか等の考えもお話しくださいました。

シンポジウム後も、いろいろな方からお話しを伺ったり、帰宅後に加藤先生とtwitterで「明知鉄道のサテライト施設を大正村に作れば、人の流れができるかも」などという会話をしたり。
明知鉄道ならびにその沿線が活性化していくための熱い会話が繰り広げられています。
どんどん良い方向へ進むよう、私も頑張ります!

凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

明日は大阪、玉造のモハキハさんで行われるトークショーに出演いたします☆
予約の方優先ですが当日参加もOKですので、ぜひいらしてくださいね!
詳細はこちらです♪
手作りのプチ鉄みやげもつきますよ♪(数に限りがあります)
メルクリンの模型、楽しみだのんほい。
皆様にお会いできますことを楽しみにしています☆

この記事に対するコメント
シンポジウム
シンポジュームご苦労様でした。
今回はセミナーの仕事で、「明知鉄道に乗って大正村へ」というタイトルで「大正村町歩き」を入れ、8人を連れてきましたので、シンポジュームには参加できず、ホールの展示だけ見させていただく結果でした。
でも参加された8人は、次もここに来たいとのことでしたので、明知鉄道沿線の魅力が伝わったようです。(歩くのが岩村町と勘違いされておられた方もみえました)
【2014/06/22 08:45】 URL | 倉田山人 #- [ 編集]

こんにちは
小倉さん こんにちは。
昨日は、ご苦労様でした。
お会い出来て、そしてお話しもしていただき。
(またもや緊張してしまった自分でもありました)急いでいる中、サインもしてくださいまして、本当にありがとうございました。

色んな紹介がありました。明知鉄道も様々な事を行いながら存続してますが、これからが正念場ともいえるのではないでしょうか。
地元に住む自分も、これからSLに復活にむけてもそうですが、もちろん乗車しながらも協力していきたいと思います。

小学校にあったSL。当たり前のように毎日あったSLがなくなったのは、母校出身としては寂しい気持ちでしたが、復活した日には是非とも乗車したいなと思ってます。

今日は大阪でお仕事ですね。毎日遅くまで大変のようですが、お体を壊さないように頑張ってください。またこちらへお越しの時は、宜しくお願いします。
【2014/06/22 12:30】 URL | まあくん #n08XGfOg [ 編集]

明鉄よかった~
>小倉沙耶さま

先日の明知鉄道シンポジウム、勤務が休みになりましたので急遽参加できました。廃線問題ではなく、SLを復活活用してお客さんを呼びこもうとの動き、応援したくなりますね。

私の現住所の三重県北勢エリアにも再生したいなべの軽便鉄道、そしてこれから再生しようとする四日市の軽便鉄道があります。そして貨物博物館もありますので、活動にぜひ注目して下さいね。(そしてポンコツバスのことも)

お疲れ様でした。今後の益々のご活躍を期待しています。
【2014/06/23 19:51】 URL | 力也会長 #- [ 編集]

Re: シンポジウム
倉田山人さん

「次もここに来たい」とのご感想をいただけたのも、倉田さんのおかげです。
倉田さんの方こそ、ご引率お疲れ様でしたm(__)m
【2014/07/04 15:31】 URL | 小倉沙耶/こくらさや #- [ 編集]

Re: こんにちは
まあくんさん

その節は本当にありがとうございました!
やっぱり、地元の方からご意見ご感想をいただけることは本当にありがたいです。
やっぱり、母校だからこその思いがあるのですね。
ということは、SLを軸に据えた今回のシンポジウムは明智町のみなさんにとっても入りやすい話題だったのかもしれませんね。
【2014/07/04 15:33】 URL | 小倉沙耶/こくらさや #- [ 編集]

Re: 明鉄よかった~
力也会長さん

久々にお会いできて嬉しかったです!ありがとうございました。
今回は、SLをメインにしたお話ということで、どちらかというと前向きで明るいシンポジウムになったのではないかと思います。
また、力也会長エリアにも伺いますね!
【2014/07/04 15:36】 URL | 小倉沙耶/こくらさや #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/1231-08723e9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。