小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩泉にブルートレイン?!
来春のダイヤ改正で定期運行が廃止される寝台特急「あけぼの」。
そして、27年度末開業予定の北海道新幹線開業によって姿を消す見通しの、寝台特急「北斗星」。
いよいよブルートレインも過去のものになってしまうのか、子供たちが写真でしか知らないものになってしまうのかと悲しみでいっぱいなのですが、そんな中意外なところから、静態保存ではありますが復活の声をお聞きしました。
なんと、かつて寝台特急「日本海」として使用されていた車両が、岩手県岩泉町にて宿泊施設としてよみがえるのだそうです!

東日本大震災の被災地では、宿泊施設が津波で流され、お見舞いに訪れる親戚や友人、ボランティアの方々の宿泊場所が非常に不足している状況でした。
そんな中、元JR職員でもいらしたNPO法人岩手未来機構副理事長の野原静雄さんが
「寝台列車であれば、大がかりな工事をしなくとも すぐに宿泊施設として活用できるのではないか!」
と声を挙げ「列車プロジェクト」がスタートしました。

JR貨物盛岡ターミナル駅にて保存されていた3両(オロネ24-5、オハネフ25-121、オハネ25-151)が岩泉町に向けて出発したのは、11月20日の夜。
岩泉町へ通ずる路線である岩泉線は、2010年に起きた土砂崩れによる脱線事故の影響で、全線にて運転を見合わせており、バスによる代行輸送が実施されていることから、車両は大型トレーラーにて運び入れられました。
岩泉線は国鉄時代、特定地方交通線の第2次廃止対象線区に選ばれていましたが、代替道路未整備という理由で廃止対象から除外された路線。
70kmもの山道を、ブルートレインを載せたトレーラーが走るというのは、とても大変だったことでしょう。

11月21日未明、列車が来なくなってしまった終着駅に、再び列車がやって来ました。
「岩泉」という曲を歌っている私にとって、この感動は言い表せられないほど。
電気や水道などを整備してホテルとして改修されると、90人ほどが宿泊できる施設となります。
目指すオープンは来年の夏ごろ。
現在も寄付金などを募っているそうです。
そのほかの詳細はNPO岩手未来機構さんのウェブサイトをご覧ください(スマートフォン版のウェブサイトでは、列車プロジェクトのトピックス記事が出てこないようです。お手数ですが、PC版からご覧ください)。

11月8日に廃止届が出され、今年度末での廃止が決まってしまった岩泉線。
路線がなくなってしまうのはとても悲しいですが、この列車ホテルが町に賑わいを呼ぶことを心から祈っています。

この記事に対するコメント
どれも思い入れがある車両です。
オロネ24 5は日本海号にて、オハネ25 151はあけぼの号にて、オハネフ25 121ははくつる号にて、それぞれ乗車歴があります。
どれも思い入れが深い車両なので、岩泉に行きたくなりました。
【2013/12/23 22:06】 URL | タカchan@イジラレ役。 #- [ 編集]

岩泉線
長く不通なのは知っていましたが、廃止されてしまうのですか…。
知りませんでした。

路線がなくなっても、そこに鉄道があった証として、また愛される場所になってほしいと思います。
【2013/12/24 22:06】 URL | あいち #- [ 編集]

岩泉で「岩泉」を希望!
>列車プロジェクト
とても素晴らしい考えですよね(^-^)。引退したブルートレインに、第2の人生が待っていたとは・・・。走ったりはしませんが、たくさんの人達を乗せて欲しいです。

>ブルートレインを載せたトレーラーが走る
とにかく、無事に運ばれたのが何より。本当は運ばれてるところを見たかったのですが、大変な中、お邪魔する訳にはいきません。山道は、舗装が十分でなく、また狭い道だったでしょう。運搬に携わった皆様に、「お疲れ様でした」と伝えたいです。

>再び列車
実際にレールは無くとも、みんなが繋げた心のレールでやってきたのですよ(^-^)。もちろん、目には見えませんが。

>岩泉線
とても、とても残念なことです。とても悔しい。DVDで展望映像を観ただけで、結局一度も乗れませんでした。岩泉の地に行くことも、宿泊とともに実現させたいです。

>オープンは来年の夏ごろ
無事にオープンしましたね。後は、私達が行くだけ。スケジュール調整をして、早く泊まりに行きたいです。

>列車ホテル
子供たち、関係者様、岩泉の皆様、日本海にとっても花が咲きますように。

そうそう。小倉さんには是非、岩泉で「岩泉」を歌って欲しいです(^-^)。
【2014/08/03 00:03】 URL | ながぬー #JzFna1A6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/1135-32e577ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。