小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北旅その1☆あの古レールへ会いに♪
先週の金曜日から、しばらく東北地方を訪れていました☆
とても実りある旅になって、幸せだのんほい♪( ´▽`)
旅の詳細はコンテンツ毎に改めて書きますが、一番印象深かったのは、念願の再会となった、会津鉄道会津田島駅の、南満州鉄道発注レール!



以前、イベント「オレ鉄ナイト2」やムック「鉄道デザインEX Vol.5」でもお伝えした、こちらの古レール。
旧満州国(現在の中国東北部)に存在した南満州鉄道が発注したものの一部が日本に流れ込んだと見られ、現在も私たちの目に触れることができるこちらのレールは、とても少ないのが現状です。
実は撮影した時点で、この刻印の存在には気付いていませんでした(^^;;
自宅で写真を見ながら刻印調査している時、鷹が羽を広げたようにも見える、南満州鉄道の頭文字でもあるMの字をモチーフとしたマークに気付き、驚いて目を丸くしました。

だから今回の東北旅で、どうしてもしっかりとその刻印に触れたくて。
とても珍しくもあり、ずっと探していた刻印というだけあって、改めて目にすると、感極まって泣きそうになりました。

古レール調査って地道ですし、なぜここにあるのか紐解こうとしても、文献がなかなか見つからなかったりして凹んでしまうこともあります。
でも改めて、私は古レールの研究が好きなんだなぁ…と実感したひと時でした(^-^)

この記事に対するコメント
自分も見に行きたい
南満州鉄道発注......!!
「鉄道デザインEX Vol.5」を、また読み返しております。
会津田島駅......しっかりとおぼえておきますよ(^O^)v
【2013/07/19 10:21】 URL | てつぼん #- [ 編集]

古レール
 何気にこの架線柱は古レール!そう思う事はありましたが、沙耶さんほどに興味をもって見たことはありませんでした。
【2013/07/22 22:47】 URL | kuroushirou #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/1087-57ae8344
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

会津鉄道 - 会津田島

古レールホーム上屋柱 会津田島駅の3,4番線ホームには古レールでできた小さな屋根がついています その古レールの刻印がこちら Mの中にレールを模した南満州鉄道発注を表す社紋です 刻印の全体像は長いので、上の写真をクリックすると拡大します 60 - AS BSCO STEELTON ||||||| 1921 OH [満鉄マーク] アメリカ ベスレヘム製鉄会社ス... レイルエンヂニアリング【2014/06/04 23:43】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。