小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山二人旅(水臨編)
先週の土曜日、友達と一緒に岡山に行ってきました。
私が、残り1回分の青春18きっぷを持って
「何処にいこうかなぁ・・・」
と悩んでいたら、いつもブログを読んでくれている友人が
「私も連れてって!!」
と熱望(笑)
だったら、ちゃんと観光も入れて・・・と考えていたら、私の普段通りの旅について行きたいとのこと。
しかし、あまり連れまわすのも悪いかな・・・と思ったので、朝は始発で出るけれど夕飯時には戻ってくるルートを作成。夜が明ける前から女二人旅に出ました。


まずは倉敷へ。
工業地帯と気動車のコントラストが素晴らしい、水島臨海鉄道へ行きました。
実は初めて乗車したのですが、高架をゆっくりのんびりと走っていていい感じ(^^)
途中、(旅客駅としては)唯一の地上駅である球場前駅の屋根の支柱に、古レールが使われているのを確認しました。次回訪問の際にじっくり調べてみたいと思います。


旅客列車の終着駅である三菱自工前駅に到着。
ここからは線路沿いに10分程度歩き、貨物駅であり本当の終着駅である倉敷貨物ターミナル駅に向かいました。
倉敷貨物ターミナルには

kiha20.jpg


今回一番見たかったキハ20が(^^)


まだフィルムを現像していないので、携帯で撮影したちょっと荒い写真でごめんなさいm(__)m
奥の方には、JR四国色のままの車両もいました。
キハ20は、平日のラッシュ時に充当されるそうです。真っ青な空の下、高架を走るキハ20の姿を見てみたいですし、活気ある車内を体験してみたいです☆

この記事に対するコメント
三菱自工前の思い出
天気が良くてよかったですね。

私も3年ほど前に三菱自工前に行ったのですが、台風が接近していてとてもじゃないけど歩ける状態でなかったので、結局とんぼ帰りになってしまいました。
その時の運転士がすごく親切な方で、キハ20の話なども色々教えてくれました。
そんな事をふと思い出しました…。
(私が訪問した時の完乗日記をURLに張ります)
【2008/01/26 00:29】 URL | うえしょう #8oDWknuw [ 編集]

もう何年も前ですが
私がそこを訪れたときはキハ10の廃車がありました。そろそろキハ20がやばいなと言う頃ですので8~10年くらい前でしょうか。廃車も撮影しいの、貨物も撮りーのしてました。確かキハ20-552だったか、加古川線にいた車両を目当てに行った記憶があります。

倉敷貨物ターミナルからまだ西に線路が延びていましたが、柵がしてありそれ以上はいけませんでした。しかしもうすでに線路には列車の通った形跡もなく錆びたレールがあっただけでした。
【2008/01/26 02:56】 URL | hitope #mQop/nM. [ 編集]

水島のキハ20
水島臨海のキハ20は、トイレを撤去したくらいで、非ワンマンということもあって、車内がほぼ原型のままなのがいいですね。

数年前JRに貸し出され、JR赤穂線で臨時快速として岡山ー播州赤穂を国鉄急行色のキハ28と組んで運行された時は乗りに行きました。
キハ28のほうはガラガラで、皆キハ20のほうに乗ってたのを覚えています。
【2008/01/26 03:00】 URL | FUSOきゃろる #bstFT5sg [ 編集]

水島
写真綺麗に撮れてますよ!!

水島臨海鉄道には、何回か乗った事あります。
高架をのんびり単行で走る姿…
何か、イイ感じですよね(ミスマッチって感じもありますが…)
キハ20にも1度乗った事ある様な、気がします。
【2008/01/26 06:41】 URL | のぶたん #- [ 編集]

キハ20いいですね。
僕も随分昔に水島には行ったことがあります。キハ20ってやっぱいいですね。このフォルムがなんともいいです。

やはり国鉄色が一番似合いますね。
【2008/01/26 07:12】 URL | バナオ #- [ 編集]

普段通りの旅!?
沙耶さんの普段通りの旅は、かなり参考になります。
行きたい所はいっぱいありますしね
私も結構過密ダイヤで行動しますから(笑)
【2008/01/26 11:01】 URL | やっぽ #- [ 編集]

未踏の地
水島臨海鉄道は未踏の地です。岡山は廃止になった、下津井電鉄しか乗っていませんね。岡山観光がてらに行ってみたくなりました。
【2008/01/26 11:11】 URL | エンチャン #- [ 編集]

懐かしい~
キハ20
加古川・高砂・播但・姫新・・・
どこにでもいましたね。
高砂から加古川へ
揺られて行くのは楽しかったですね。

乗りに行きたい。(^^;
日帰りできる距離なのに、時間とお金がない。(^^;

倉敷美観地区の喫茶エル・グレコ。
ポッキーのCMで一躍有名になりましたね。
【2008/01/26 17:12】 URL | タマ #Kv1RWoig [ 編集]

キハ20系の弱点
小倉さん、下り勾配で急停止が弱い様です。
と、言うのも過去に二回程経験がありまして一回目はホームで待っていて、二度目は乗車していて突然のエンスト。
エンジンの一番下にあるオイルパンの仕切り形状にある様ですが現在のエンジンは片方に潤滑油が寄ってしまっても油が切れてから数秒以上経っても油面検知されなければエンジンカットするそうですが、そのタイマーがないので油切れを検知するといきなりエンジンカットを喰らうそうです。
そう、二度目のエンジンカットは湊線の水島臨海から来たキハ205でとうとう殿山→那珂湊間を消えた室内灯のまま相方の気動車に客車の様に引っ張られて行きました。
【2008/01/26 23:25】 URL | 電気釜56号 #GpT49UKE [ 編集]

水臨
…って正式略称ですかぁ?

水臨の乗車記録を見てみると1993年11月16日完乗(旅客線)となってました。
車両はもちろんキハ20さん、DMH17Cかな。

記憶としては、同じく自工前から貨物方面に歩いて行きました。
あと水島で降りた写真がありますが、覚えてないf^_^;
【2008/01/27 04:41】 URL | ごりら #- [ 編集]

四国色?
水島臨海にJR四国色の車両なんていなかったと思いますが。
もし、↑の写真の後方に写っている車両であれば、
その塗装は水島臨海鉄道の標準色です。
(似てはいますが、青帯の色が濃いです。)
【2008/01/29 16:57】 URL | とらむ #XV0sNtzA [ 編集]


とらむさん

水島臨海鉄道のキハ20は、国鉄・JR西日本・JR四国から譲り受けたもので、そのうち、JR四国から譲り受けたうちの1両がそのままの色で留置されていましたよ(^^)
望遠レンズでのぞくと、うっすらと「JR」の字が残っていました。
【2008/01/30 22:38】 URL | 小倉沙耶 #- [ 編集]

すみません
>JR四国から譲り受けたうちの1両がそのままの色で留置されていましたよ(^^)

きちんと確認しなくてすみませんm(__)m。
部品取り用に購入した後、以前に行ったときにかなり状態が悪く、
既に解体されたと聞いていたもので・・・。
【2008/02/02 15:46】 URL | とらむ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/104-ff583701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。