小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UST鉄道情報局第45回放送~おでん列車の可能性と熱い思い~
UST鉄道情報局第45回放送をご覧くださった皆様、ありがとうございました!
今回の特集は、今の時期ならではの「冬だ!アツアツ!おでん列車だ!」
でした。


(USTカフェ大阪さんの許可を得て撮影しています)

豊橋鉄道東田本線で毎年行われている「おでんしゃ」を、実際に私が乗車した時の写真を用いてご紹介したほか、福井鉄道さんの「おでんの電」、大井川鉄道さんの「SLで行く静岡おでんと熱燗列車の旅」の情報もお伝えいたしました。

日本の冬には欠かせない料理のひとつ、おでん。
出汁や具材、食べ方にいたるまで地方ごとに特色がありますし、もちろん家庭でのこだわりもあるかと思います。
特集後半では、おでん列車をもっと全国の鉄道事業者さん(特に地方の私鉄や第三セクター鉄道)で走らせてほしい!ということで、その理由を3つのポイントとしてまとめました。
一つめは「すでにノウハウがある」。
全く新しいことを企画して実現にこぎつけるのはとても大変ですが、おでん列車はすでに様々な路線で運行されています。
初めて飲食関係のイベントを開催しようと思われた鉄道事業者さんでも、実現までの道程が分かりやすいという利点があります。
二つ目は「独自色・地域色が出せる」。
豊橋鉄道さんの「おでんしゃ」では、地元で有名なヤマサちくわさんのおでん種を用いているほか、特産のうずらの卵や青じそを練り物に混ぜ込み、名産のアピールや地産地消に一役買っています。
福井鉄道さんの「おでんの電」は、アラカルトメニューも充実しており、なかでも消費量が全国平均の1.5倍といわれている、焼鳥の注文ができるのが特長。
有名焼鳥チェーンの「秋吉」さんも福井生まれで、その焼鳥とおでんを楽しむことができるんです。
そして、B級グルメとしても名高い、静岡おでんがいただける大井川鉄道さん。
「おでん」という誰でも親しみのある料理が、沿線の食文化に興味や関心を持っていただくきっかけになります。
三つ目は「新たな展開の可能性」。
たとえば、おでん列車が全国的に増えてきたら「全国おでん列車ラリー」、「おでん列車No.1決定戦」など、事業者同士で手を取り合って新しい企画を生み出すこともできます。
「スペシャルおでん列車」と銘打って、全国のおでん列車で出されているおでんが一堂に会するイベントも楽しそうですよね。

話は変わりますが、以前、三木鉄道さんのラストクリスマスイベント「列車の中で日本一長いブッシュドノエルを作ろう」を企画・開催したことがありました。
クリスマスの時期、あるいはブッシュドノエルを見た時に、三木鉄道を思い出してほしいという思いを込めて開催したこの企画。
ひょんなことから先日、参加された親子にお会いし
「クリスマスケーキを食べると、三木鉄道のことを思い出すんですよ」
とお話しいただきました。
五感で体験したことは記憶として残りやすく、中でも味覚はひとしおだと私は思っています。
冬の寒さや、コンビニでおでんを見た際におでん列車が思い浮かび、再び乗りに来てくださるということも、大いに考えられるのではないでしょうか。

鉄道がまちを元気にする、という言葉をたまに聞きますが、個人的には逆で、まちが元気であってこそ、鉄道が活性化するのだと思っています。
おでん列車に限らず、車内で地元の名産品をいただける列車は、地元のお店、地元の畑、地元の飲食店にも利益を生み、まち全体が活性化する一つの鍵になるのではないでしょうか。
だからこそ、私は飲食の提供をされていない鉄道事業者さんに
「まず手始めにおでん列車、いかがですか?」
と、オススメしたいのです。
次の冬、いろんな路線でアツアツホカホカな笑顔が花咲くことを願っています(^-^)

この記事に対するコメント
大根・ちくわ・玉子
辛子のきいたアツアツのおでん汁に、この3つを、たっぷりつけて食べるのが、おどんは一番好きです。おでんは冬の定番でもありますけど、真夏でも食べたいと思うくらいです。自宅や居酒屋などとは違って、あの列車のほどよい揺れや振動を感じ、エンジン音、モーター音、レールのジョイント音などなど聞きながら、食べたり呑んだりするのが、なんとも言えないですね。おどんはアルコール弱かですけど、やっぱり、球磨焼酎のお湯割りにおでんの組み合わせ.......だな(^_^)
【2012/12/11 13:39】 URL | てつぼん #- [ 編集]

青春おでん
>第45回放送
今回も、お疲れさまでした&楽しい放送をありがとう。残業直後にマクドナルドでiPad。なんとか観れてホッとしました(^-^)。

>おでん列車
そう言えば、車内は火気厳禁でしたね(^^;。一度、乗って食べてみたいなぁ。

>地方ごとに特色
>家庭でのこだわり
出身地や住んでる場所によって、有ったり無かったり。また、新たな組み合わせのおでんが出来る。そう思うと、なんか不思議な食べ物ですよね。

>全国おでん列車ラリー
>おでん列車No.1決定戦
なんという妙案!さすがは鉄道アーティストや(^-^)。

>個人的には逆で
鉄道は関わってる人みんなで走らせるもの・・・という言葉をどこかで聞いたことがあります。
【2012/12/17 00:35】 URL | ながぬー #JzFna1A6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/1008-7a32409d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。