小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レールファン・ブラスバンド第1回活動レポート
遅くなってしまいすみませんm(__)m
11月23~24日に、ひたちなか海浜鉄道さんで開催された「レールファン・ブラスバンド 第1回練習会・演奏会」のレポートです。

1日目の練習会のメンバーは、団長である、前銚子電鉄次長で現・銚子市観光プロデューサーの向後さん(バリトン)、
事務局広報担当の私(テナーサックス)、事務局長の伊原さん(トランペット)のほか、トランペット・ホルン・トロンボーンの方が各1人、そしてサポート団員の方2人の計8人でした。
皆で譜面をチェックし、音質などを考慮した結果...私がチューバの楽譜を吹くことに!
軽い気持ちでOKしたのですが、ヘ音記号をト音記号に直したり、♯や♭をつけたり、なかなか大変(^-^;)
前日はあまり練習ができず、深夜、阿字ヶ浦の旅館で一人、ペンを楽器に見立てて必死で練習していました。

そしてやってきた24日の朝。
練習会と親睦会のみ参加されたトロンボーンの方をお見送りし、その後お越しになられたのは、現役の高校生ブラスバンド部員さん(トランペット)。
今回の会場であるひたちなか海浜鉄道の近く、日立市にお住まいということでご参加いただきました。
40代から10代までのメンバー。
共通することは、皆鉄道と音楽が好きということだけですが、それはとても大きな力。
あっという間に全員打ち解け、直前の合奏練習も何とか上手くいき、いよいよ本番の時間となりました。

勝田からやってきた列車と、私たちが練習していた列車が併結し、演奏会スタート。
まずは演奏会に際し数々のご尽力をいただいた、ひたちなか海浜鉄道の吉田社長にご挨拶を頂戴した後、最初の曲「線路は続くよどこまでも」を演奏しました。





来年100周年を迎える湊線。
いつまでも地域の皆様、そして観光客や鉄道ファンのために元気よく走り続けてほしい...そんな思いをこめて選んだ曲です。

その後、団長の向後さんから皆様へご挨拶。
設立の経緯(これについては長くなるので別の機会に書きますね)や、レールファン・ブラスバンドへの思いなどをお話ししました。



ここで、終着駅の阿字ヶ浦駅に到着!
一旦休憩とし、吉田社長と演奏メンバーで記念写真をパチリ☆



列車は折り返し、勝田駅へと向かいます。
ひたちなか海浜鉄道といえば、切っても切り離せないのが日立製作所グループさん。
湊線には日工前駅があり、日立工機勝田工場の最寄り駅となっています。
そんなわけで、2曲目に選んだのは「この木なんの木」。
実は練習中、主旋律を吹く向後さんが、たまに♯を付け忘れて吹いてしまうことがありました。
すると、短調(暗い曲)となり、何だか悲しい「この木なんの木」になることが判明(^-^;;)
しかしさすが向後さん♪本番はバッチリ明るい木を生やしてくださいました☆

列車は那珂湊駅へ到着。
ここからは、いつも那珂湊駅待合室でギターの引き語りをされている、みなと源太さんにご乗車いただき、湊線応援イメージソングである「季節の風」などを歌っていただきました。



歌い終えた源太さんから、湊線への熱い思いを聴かせていただいているうちに、JRとの接続駅である勝田駅に到着しました。
ここで、JR側で列車をお待ちの方にも楽しい雰囲気を伝えたいということで、演奏したのは「となりのトトロメドレー」。
思惑は大成功!
「さんぽ」の部分では車外のお子様も手を叩いて盛り上げてくださいました。

列車は再び那珂湊方面へと走り出し、あっという間に演奏会最後の曲となりました。
選んだ曲は「上を向いて歩こう」。
泣きたい日や辛い日があっても、前向きな気持ちにさせてくれる名曲です。
演奏会に来てくださった方がいつかどこかでこの曲を聴いて、湊線のことを思い出してくださったら...そんな思いを音色に込めました。

演奏が終了すると、皆さんから「アンコール」の声。
「アンコールがいただけなかったら、自分たちで言おうか」
なんて言っていたので、ありがたいことですし、とても嬉しかったです。
そんなわけで最後に演奏したのは「生きもの地球紀行」のエンディング曲として使われた「Believe」。
この曲は、ご無理を申し上げて、吉田社長に指揮を振っていただきました。
鉄道会社の社長さんが指揮を担当されるのは、なかなか見られない姿だと思います。
ご覧になられていた皆様も、吉田社長の凛々しいお姿をカメラに収められていました。
私も演奏しながら
「ああ、今この場所から撮影したい...」
なんて、ちょっとだけ考えちゃいました(笑)

列車は那珂湊駅に到着し、演奏会は無事終了となりました。
何かとバタバタの中、準備を手伝ってくれたサポート団員の皆さん、練習時間が少ないながらも素敵な音色を響かせてくださった正団員の皆さん、ひたちなか海浜鉄道の皆様、そして何より、演奏会にご来場くださった皆様、本当に本当にありがとうございました。
今後、この輪をもっともっと広げて、少しでも鉄道会社さんを盛り上げる力にしていきたいと思います。
その時は、またどうか皆様のお力をお貸しください。
音楽で、鉄道に笑顔の花を咲かせていきましょう☆

この記事に対するコメント
やっぱりLIVEで....
是非とも聴きたかったです。「Believe」、おどんもこの曲好きです。Nice Choice ですぞ。「鉄道会社の社長さんが走る列車内で指揮する」...確かに、珍しくニクイ演出ですね。今回のような企画、他の鉄道会社でもどんどんやって欲しいですな。
【2012/12/06 13:58】 URL | てつぼん #- [ 編集]

はじめまして…ではないのですが…こんばんわ
若桜鉄道のツアーでお目に掛かったツアー参加者のRuiと言います。

実は、今日、ひたちなか海浜鉄道湊線に乗り鉄して来たのですが、
三木鉄道から譲渡されたミキ300に乗車出来ました。

この時、沙耶さんのBlogの三木鉄道のきじをおもい出していまい、
少し目頭が熱くなってしまいました。
ブラスバンドの時も湊線にいらしていたと聞きましたが、
また行った時に逢えるといいですね。。

急なトラックバック失礼しました。
【2013/01/20 20:35】 URL | Rui #14egu8fk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kokurasaya.blog111.fc2.com/tb.php/1006-d7493e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。