小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きんてつ鉄道まつり2012in塩浜」ちょっとだけ車両編
昨日のブログの続きです。
ナレーションを担当したDVD「近鉄レール通信Vol.6」販売の合間には、ちょっとだけですが展示車両を見に行ってきました。



左から、電動貨車のモト90形。
塩浜検修車庫の入換機として余生を過ごしている機関車、旧デ32。
そして一番右側にいるのが、昨年12月に登場した、特急列車の12200系を改造したクラブツーリズム専用列車、15400系「かぎろひ」です。
ダークグリーンの塗色は、古刹・名勝が沿線に多い近鉄さんによく似合いますね。





「近鉄のドクターイエロー」こと、電気検測車「はかるくん」です。
これまで検測は時速30kmの電気検測車で行なっていましたが、最高時速110kmのはかるくんを用いることで、昼行走行による架線の検測が可能となりました。



チェック柄の部分には、信号や架線、列車無線アンテナといった電気・通信設備を可愛らしくデザイン。
全体的に柔らかいイメージで、子供さんにも大人気でした☆



マルチプルタイタンパーなどは、ちょっと見に行く時間がなかったのですが、帰りに「1111」とタキのコラボレーション(後ろ側にタキがチラリ♪)が見られました☆



近鉄さんは多種多様な車両がいっぱい。
颯爽と通り抜けていく列車もたくさん見ることができて、本当に幸せな一日でした(^^)
スポンサーサイト
「近鉄レール通信Vol.6」先行発売♪
近鉄さんの塩浜検修車庫で明日まで開催される「10周年 きんてつ鉄道まつり 2012 in塩浜」にて、今日から先行発売となった「近鉄レール通信Vol.6」の販売ブースに立たせていただきました♪
たくさんの方にお越しいただき、本当にありがとうございましたm(_ _)m



スケジュールの都合で、明日はお邪魔できないのですが、ご購入された方先着25名の方にサイン色紙をプレゼント!ということになりました☆
明日塩浜へお越しの皆さん、よろしければ是非DVDコーナーにいらしてくださいね。

こちらのDVDは、今日から近鉄さんの主要駅と近鉄鶴橋駅構内の鉄道ショップ「Gatan-Goton」で先行発売となります。
全国販売は、約1ヶ月後の6月22日からとなるそうです。
全国販売をお待ちの皆さん、どうぞお楽しみに♪

今日は、販売ブースからタキのチラリズムが何度も見られて幸せでした~(//∇//)



販売の合間には、展示車両をちょっとだけ覗いてきました♪
その写真は、明日のブログに載せますね( ´ ▽ ` )ノ
DVD「近鉄レール通信Vol.6」先行販売!明日は塩浜でブースに立ちます☆
先日ナレーション録音を行ったDVD「近鉄レール通信Vol.6」ですが、完成したとの連絡をいただきました!
明日から近鉄さんの主要駅で先行販売されるそうです。
そして、明日・明後日の2日間、近鉄塩浜検修車庫(近鉄名古屋線塩浜駅から徒歩約5分)にて開催される「10周年 きんてつ鉄道まつり 2012in 塩浜」でも、DVDの販売が行われるそうです。
初日の明日26日は、私も販売ブースにお伺いいたします。
突然のご案内になりますが、当日塩浜に来られる皆さん、そしてお近くにお住まいの皆さん、是非ブースに遊びに来てくださいね!
ブースに立つ時間などは、明日ブログやtwitterでご案内させていただきます。
日本でただ一つとなった鮮魚列車の詳細なレポートや、内部・八王子線の情報、名古屋駅のヒミツなどなど、盛りだくさんの内容となっている「近鉄レール通信Vol.6」。
たくさんの方にお手にとっていただけたら、とってもとっても嬉しいです!
どうぞよろしくお願いいたします☆


録音時の写真です♪
UST鉄道情報局第33回放送☆
今日は、UST鉄道情報局の第33回放送日でした!
月後半ということで、特集は「鉄道雑誌大解剖」をお届け♪



交友社さんから刊行の雑誌「鉄道ファン」7月号の特集は「JR車両ファイル2012」。
毎年恒例となっている特集で、24年3月に行われたJRグループダイヤ改正の概要やJR各社の現状などが詳しく記されています。
かなりの情報量となっており、この特集を見れば、JR各社の動きが一目瞭然ですよ!



ネコ・パブリッシングさんから刊行の雑誌「Rail Magazine」7月号の特集は「貨物列車2012」。
貨車や機関車の詳細や運用線区などが、機関車の配置表と共に分かりやすく書かれています。
個人的には、凸型機関車の今後が気になるところです...

そして、同じくネコ・パブリッシングさんから刊行の雑誌「RMモデルズ」7月号の特集は「惜別、2012年春の鉄道たち」です。
残念ながら運用が終了してしまった車両や廃線となった路線などを、模型という形でいつまでも楽しもうという企画で、フルスクラッチの新幹線300系などが紹介されています。

その他、ネコ・パブリッシングさんから刊行の「Nゲージ・アフターパーツ完全マニュアル」、「鉄おも!」6月号のご紹介もいたしました。

番組アーカイブはこちらからご覧いただけます♪
ご紹介したどの雑誌も、読み応えたっぷり!
番組で誌面チェックをして、是非ご購入ください☆

さて、放送中にもお伝えしましたが、次回6月7日の放送はUSTカフェ大阪さんを飛び出して「あっ!」と驚く企画をお届けする予定です。
初めての試みなので、かなりドキドキしています(^^)
どうぞお楽しみに!
えび祭り
前々回のブログの続きです。

終点の加太では、3年ぶりの開催となる加太春日神社渡御祭、通称えび祭りが盛大に行われていました。



豊漁を願い、伊勢海老漁の時期に行われるこのお祭り。
一昨年は高齢化などによる人手不足で中止、昨年は東日本大震災の影響で自粛となったとのこと。
今年も開催が危ぶまれたそうですが、加太地区以外の方に参加を呼びかけ、実現に至ったそうです。
「知り合いが出るから、久々に(加太線に)乗ったのよ」
そう仰るのは、親子3代でえび祭りを観に来られたご婦人。
一人で加太の町を歩いていた私に、ご主人が話しかけてくださって意気投合、
途中まで色々なお話をしました。
加太線は、沿線住民以外なかなか乗る機会がないこと。
でも、外から観光に来られる方には是非オススメしたい場所であること。
もし加太線がなかったら、道が混雑するから車では来たくないし、えび祭りにも来なかったかも...などなど。
人を動かす力。そこから繋がるご縁。
やっぱり、鉄路は偉大です。

加太では、どうしても行きたい場所がありました。



温泉旅館「大阪屋 ひいなの湯」さんです。
実は、私が初めて関西ウォーカーさんの誌面に出させていただいた2008年8月6日発売号に、ひいなの湯さんも紹介されていて、とても印象に残っていたのです。
その後、ひいなの湯の料理長、赤間さんとtwitter上で知り合うことができ、今回ようやく、直接お会いすることが叶いました。
短い時間ながら、加太線のことや加太という土地、えび祭りについてなど様々なお話をし、加太への愛を端々から感じることができました。



こちらは、赤間料理長の自信作。
初代「和歌山味匠(たくみ)」にも選ばれた「加太・鯛どんぶり 美肌餡かけ ~和歌がえり~」です。
名前からして、女性としてはついつい反応(^^)
これをどうしても食べたかったんです♪
鯛身の甘みと、鯛の骨や鱗からとった出汁の旨みが合わさって美味しいのなんのって。
また食べに行きたいのんほい☆

旅館前では、えび祭り一番の見所である、獅子舞の奉納が行われていました。
普通の獅子舞とは違い



櫓に獅子舞が登り、アクロバティックな舞で観客を魅了!
櫓に足を掛けて宙返りなんて技も飛び出し、その度に歓声が上がっていました。

帰路の加太駅ホームでも、列車を待つ列から
「あの獅子舞はすごかったなぁ」
という興奮気味の声がちらほら。
行きで一緒になったご家族もたまたまご乗車されていて、子供さんはぐるぐると首を回して獅子舞の真似。
楽しい思い出を乗せて、ワンマン列車は加太を後にしたのでした。



凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

明日5月24日は、UST鉄道情報局の放送日です☆
今回は、月後半恒例の特集「鉄道雑誌大解剖」を中心にお届けいたします。
放送時間は21時から、視聴URLはこちらです。
ご視聴、そしてソーシャルストリームからのご参加をお待ちしています!
金環日食
加太線に乗って向かった先は、次回のブログで...と書いておきながら、やっぱり金環日食のことを書かずにいられませんでした(笑)
皆さんは今朝の皆既日食、見られましたか?
私は何とか見ることができました~(^^)
カードのパンチ穴から見ると良いと聞いたので、用意したのは、大阪市交通局さんから発行されている、1区特別回数券!
200円区間を、10回分の価格で12回乗れちゃうお得な回数券なのです。
乗車の度にパンチ穴の開くこのカード。
手持ちのものは残り2回ということで、10個の穴がズラリと並んでいます。

7時頃は少し雲が厚かったのですが、金環状態となる7時30分には薄曇りに♪
何とか撮影できました~☆



浮かび上がる、たくさんの目玉に感動!
周りの方も皆、空を仰いだり、穴の中の影を楽しんでいたり...
虹が架かった時も、周りの方と同じ感動を共有できて幸せな気分になるのですが、今回の金環日食では、もっともっと多くの方と、この感動を共有できたんですよね。
曇っていて見られなかった方も、テレビやネット中継などで同じ気持ちになれる。
朝から、大きな幸せをいただいたような気がします♪
それでは皆さん、今日も素敵な一日をお過ごしください☆
南海加太線へ
昨日は、南海加太線へ行ってきました。



「サザン・プレミアム」ツアーのトークイベントでもお話したのですが、南海さんで一番好きな路線が加太線なんです。
明治45年6月16日に、加太軽便鉄道が和歌山口~加太間を開通させたことが始まりの加太線は、間もなく100周年を迎えます。
これを記念して発足したのが和歌山市、加太活性化協議会、加太観光協会、南海電鉄の4団体で構成された「加太駅100周年記念事業実行委員会」。
その第一弾として、現在募集されているのが



加太線の利用促進に向けたアイデアです。
斬新なアイデアを是非!とのことですので、皆さん、鉄道ファンならではの素敵なアイデアを応募してみてはいかがでしょうか。
詳しい応募要項はこちらに掲載されています☆

UST鉄道情報局でも、6月7日の放送で加太線の魅力をお伝えする予定です。
どうぞお楽しみに!

さてさて、加太線に乗って向かった先は...
次回のブログに続きます♪
阪急沿線No.53
いつもお世話になっている方から、こんな素敵なものをいただきました。



「阪急沿線No.53」1980年3月号です!
「阪急沿線」は、阪急電鉄さんの全駅や主要スポットで配布されているフリーペーパー「TOKK」の前身。
阪急電鉄総務部広報課製作(TOKKは阪急コミュニケーションズ製作)となっています。
自分の誕生月に何があったのかというと...



園田駅が高架となったほか、普通列車が全て8両編成になったのがこの月だったそうです。
そして目を引いたのが...



まだまだ1010系が現役で走っていた頃なんですね。しみじみ...
下の方には「橋の塗装」という見出しも。
中津跨線橋、堀上跨線橋、野中跨線橋の橋桁塗装の完成時期に関する話題なのですが、なぜ鉄桁の防錆ペイントの保守管理に注意しなければならないのかという説明や、跨線橋の詳しい位置などが細やかに書かれています。
その文面の端々から阪急愛を感じ、読んでいるだけでとても幸せな気分になることができました(^^)
レッツコミュニケーション
一昨日の帰宅後のお話しです。
パソコンを使って、以前使用していたiPhone4からiPhone4Sにデータを移した後、iPhone4Sに搭載された、CMでもおなじみのボイスアシスト機能「siri」を試してみました。
ホームボタンを長押しし、うーん、まず何を訊いてみよう...

「siriさん、鉄道は好きですか?」



「答えが見つかりませんでした。よろしければWebで検索できますよ。」

...siriさん、ツレないお返事。
しかも信貴山鉄道って。
信貴山の鉄道といえば、近鉄信貴線。
はっ!ひょっとして西信貴ケーブル未乗車なのを暗に指摘しているのかしらΣ(・□・;)
それとも、戦前に存在した信貴山急行電鉄の鉄道線廃線跡を巡るといいよって言っているとか。
じゃあ、せめて...

「siriさん、鉄道を好きになってね」



「“信貴山鉄道を好きになってね”をWebで検索してはいかがですか?」

ううーむ、siriさんとの円滑なコミュニケーションは、まだまだ時間がかかりそうです(笑)
関西へいらっしゃい
先日からiPhoneが壊れてしまい、昨日はアップルストアやソフトバンクショップをバタバタと走り回っていました。
電話として一番要の部分、通話機能が完全にアウト状態。
探してみると、公衆電話ってなかなかないものなんですよね。
改めて、携帯電話のありがたさに気付かされました。

何とか夕方までに機種変更を終え、向かった先はミドリ尼崎店。
こちらのステージで、伊藤桃ちゃんがライブを行うというので、ひょこっと見に行ってきたんです(^-^)
真っ白お姫様のような衣装で激しいダンスを踊る桃ちゃん。
とっても可愛かったです☆



本番終わりに少しお話ししたのですが、開口一番
「今回ぜんぜん乗り鉄できなさそうなんですよー!」
との言葉。
昨年夏に開催された、南海電鉄さんのサザンプレミアムイベントの際、高野線の駅が気になると言っていましたが、行くとなるとまとまった時間が必要になってくるので、お仕事での来阪だと難しいですよね(^-^;)
私も、お仕事で上京すると同じ気持ちになってしまいます。
夏の来阪時、時間が合えば一緒に乗り鉄をしようと約束し、お別れしました。

そしてもうお一方、関西にお越しくださったのが、UST鉄道情報局第31回放送の際に飛び入り出演してくださった、オオゼキタクさん。
ちょうどイラストレーターの松ヒトシさんもお近くにいらしたので、皆でワイワイ鉄道トークをしながらの夕食となりました。



タクさんは、スルッとKANSAIの3dayチケットで関西の私鉄を制覇すべく、乗り鉄旅に挑んでいる真っ最中。
今日は、一日で北条鉄道さんと紀州鉄道さんを両方完乗という、ウルトラCなルートを楽しんでいらっしゃいました。
明日はどこに向かわれるのか、気になりますね♪

偶然にも関東の乗り鉄さんお2人とお会いすることができて、幸せな日でした☆
DVDのナレーション
先日は、久々にナレーションのお仕事でした♪
リップノイズ(声以外の雑音)に気をつけながら(意識しないと結構出ちゃうのです、精進せねば)いろんなトーンで録音。
読んでいる間はなかなか映像を見られなかったのですが、終わった後で映像を見ながら音声チェックをしたら、このお仕事をするのは運命だったんじゃないかと思えるほどに私のツボにハマる話題ばかりで、本当に幸せでした☆



近鉄の担当者さんや音響監督さんたちとパチリ。
そう、人気DVDシリーズ「近鉄レール通信」のナレーションを担当させていただいたのです(^^)
Vol.6となる今回は、内部・八王子線や廃線区間の遺構、鮮魚列車レポートなど、近鉄さんならではの魅力的な情報が盛りだくさん!
発売日が決まりましたら、またブログでご案内させていただきますね☆
どうぞお楽しみに!
女子鉄のススメ!
UST鉄道情報局・第32回の特集は、5/8発売の関西ウォーカー最新号との連動企画「女子鉄のススメ!」でした。

鉄道旅に女の子を誘う時、ガッツリとプランを組んでしまうと、興味のない子は疲れてしまうかもしれません。
ひょっとしたら、鉄道のことが嫌いになってしまうかも...
高校時代に友人を誘って下呂温泉へ行き、友人をぐったりさせてしまったという苦い経験を持っている私(^-^;;)
その時の反省点を踏まえながら、4つのポイントに従って旅程を組んでみました。
ポイントや詳しい説明は番組をご覧くださいね☆

金山さんとういよちゃんに提案した旅程は
金山-新安城-西尾~一色さかな広場~西尾-桜井-金山
です。
波線になっているところは、西尾駅からレンタサイクルを利用します。
一色さかな広場は、2004年に廃線となった名鉄三河線(海線)廃線区間近くにあります。
さかな広場へ行きつつ、廃線跡も巡りつつ...と、さりげなく鉄道趣味を入れました。
時間に囚われてイライラしない・させないために、乗車時刻はあえて設定していません。
自転車を漕ぐ距離は若干長いのですが、食べる前に漕ぐことで、食事やスイーツをご褒美的な存在にしています☆
運動した後のごはんや甘いものって、この上なく美味しいですよね(^^)

twitterでも呟いたのですが、この旅程を私一人で消化するなら、愛チャリの黄タキ号を持参して
金山→東成岩~半田埠頭~衣浦トンネル~一色さかな広場~吉良吉田→西尾→桜井→金山
というルート(東成岩から吉良吉田までは自転車)にすると思います。
でも、このルートだと確実に金山さんとういよちゃんを辟易させちゃうのんほい...
番組中にもお話ししましたが、作ったルートから1~2割ほどゆるっとしたルートにするのがちょうどいいんでしょうね☆

今度はお2人に提案したプランで、旅をしてみたいです( ´ ▽ ` )ノ
UST鉄道情報局第32回放送
昨日はUST鉄道情報局の第32回放送日でした!
今回は通常放送の最高視聴者数、107人の方に同時視聴いただきました!
ご覧下さった皆さん、本当にありがとうございました。

特集は、5/8発売の関西ウォーカー最新号との連動企画「女子鉄のススメ!」でした。
女子鉄ということでゲストには



関西ウォーカー最新号での鉄道特集を担当された、編集部の金山友香さんと、最近鉄道に興味津々という嬉しい言葉をくれた、声優の桜井ういよちゃんにお越しいただきました。

番組のアーカイブはこちらからご覧いただけます。
男女グループ旅やデートなどで参考にしてくだされば嬉しいです♪
そして、UST鉄道情報局第33回放送は5/24の21時からお届けいたします。
是非ご覧くださいね☆
明日はUST鉄道情報局の放送日♪
明日は「UST鉄道情報局」の放送日です☆
今回の特集は、関西ウォーカー最新号との連動企画「女子鉄のススメ!」をお届けします。
ゲストに関西ウォーカー編集部特集担当の金山友香さんと、声優の桜井ういよさんをお迎えし、今まで鉄道趣味と接点のなかった女性でも楽しんでもらえる、乗り鉄プランなどをご提案します♪
放送は21時から、視聴URLはこちらです。
女子鉄トーク、是非ご覧くださいね( ´ ▽ ` )ノ

(※現在、USTREAMのシステムトラブルのため運休となる可能性があります。ご了承ください。)
関西ウォーカーTVさんで鉄道クイズ♪
昨日は、関西ウォーカーTVさんに出演させていただきました☆
同じく昨日発売となった、関西ウォーカー最新号の特集は「女子も楽しめる♪のんびりラクラク日帰り鉄道旅」。
斉藤雪乃ちゃんもメンバーの、読売テレビ「ピーチ流」のみなさんが鉄道旅の魅力をお伝えしています。
そして、私はオススメ駅ナカスポットのご紹介を。
私の担当ページは、ページ構成から取材店舗まで、すべてを私が提案した、正真正銘・小倉沙耶推薦の場所ばかり。
駅ナカということで、鉄道旅の途中にも気軽に立ち寄ることができますので、皆さんも是非チェックしてみてくださいね!

誌面に登場するのは女子ばかり!というわけで、今回の関西ウォーカーTV出演者陣も、全員女性でした。
今回の特集担当の金山さんが司会進行。
センターとじ込み付録「関西カフェブック」担当の島田さん。
カフェブックに登場された、本誌コーナー「キラキラ女子部」部員の石垣さん。
私はTV内企画の鉄道クイズで、答えと解説を担当しました(^^)
特集ページを読めば答えられる鉄道クイズが10問出題され、石垣さんと島田さんが真剣勝負!
勝った方には豪華な商品が...ということで、ページを繰りながら、お二人とも頑張って答えを探されていました。

問題の一つには
「世界遺産にも登録されている高野山。その高野山に向かう山岳鉄道の名前は?」
というものも。
本誌内に書かれている答えは
「南海電鉄高野線 こうや花鉄道 天空」
です。
こちらの解説では「天空」という名前が公募により選ばれたというお話をしました。
番組内で初めて話したのですが、実は私も、名前に応募したんです。
その時送った名前は「八葉(はちよう)」。
高野山は、実は一つの山ではなく、千メートル級の山々が連なる山域の総称を指し、その外輪山を外八葉、内輪山を内八葉と呼びます。
八葉というのは八葉蓮花、つまり蓮の花弁を意味していて、外八葉と内八葉を合わせた16枚の蓮の花の中心に高野山が存在しているといわれているんです。
そんな思いをこめて応募した名前、選には漏れてしまいましたが、おかげで高野山のことを勉強するきっかけとなり、走り始めた「天空」への思いも一入です(^^)
皆さんも、列車愛称などの公募があったら、一生懸命考えて応募してみてください。
きっと列車や鉄道、走る地域などがもっともっと好きになりますよ♪

クイズの勝者は石垣さん♪
お待ちかねの豪華賞品はなんと、5/11に天神橋5丁目でオープンする「串カツ酒場天五店」さんの、3000円分お食事券&ボトルワイン!


左上から小倉、編集部の島田さん、串カツ酒場の大橋さん、同じく串カツ酒場のはるなさん、関西キラキラ女子部の石垣さん、編集部の金山さん

しかも、店長さんが女子向け串カツを試食にと持ってきて下さいました☆



細かい目のパン粉にもっちり衣で、どれも最高に美味しかったです。

関西ウォーカーTVさんのアーカイブはこちらからご覧ください☆
是非、本誌をお買い求めの上、クイズを楽しんでいただけると嬉しいです(^^)


中国地方ぐるぐる&明日は関西ウォーカー発売!関西ウォーカーTVも☆
3日ほど中国地方へ行っていました。
昨日は尾道をぐるぐる。
昭和39年に全線廃止となった尾道鉄道の廃線跡へ向かおうとしたのですが、突然の雷雨で断念...
後でニュースを見たら、地域によってはかなり大きな雹が降っていたとか。
皆さんは大丈夫でしたか?

大粒の雨でびしょ濡れとなり、慌てて側にあった駐車場で雨宿りしようとしたら



...栗原温泉。
なるほど。
(いつもお世話になっている、フォトライターの栗原景さんは雨男です)

尾道鉄道は、17.1kmという路線距離に対して8つのトンネルと1箇所のスイッチバックが存在していました。
昭和32年に廃止となった石畦駅~市駅間にトンネルとスイッチバックが集中しており、廃線となった現在も一部のトンネルは歩行者用として使用されているほか、第4トンネルは煉瓦造りそのままの姿で残され、尾道鉄道の存在を今に伝えています。



ここは、尾道駅から少し岡山方へ歩いたところにある、土堂の跨線橋。
大林宣彦監督の映画「転校生」の中で、一美が自転車で渡っていた場所です。
実はこの跨線橋、古レールが使用されています。



刻印を調べたところ、1930年代の官営八幡製鉄所及び日本製鉄で製造されたものが多く見られました。
その後、少し時間があったので、レトロバスが約30分かけて観光地を巡回する「好きっぷライン」に乗車したのですが



観光案内をする運転手さんが、跨線橋の説明をされる際に
「この跨線橋は線路の廃材でできていて...」
と言われました。
古レールがスポットを浴びたようで嬉しくてニヤニヤ。
1周190円とお手頃ですので、皆さんも尾道観光の際は是非ご乗車ください♪

凸ΩΩΩΩΩ

明日は、関西ウォーカーさんの発売日です☆
特集は「日帰り鉄道旅」!
私は、オススメ駅ナカスポットをご紹介しています(^^)
全てが私のはなまる太鼓判なところばかりですので、本誌を携えてお出かけしてみてくださいね!
そして、明日5月8日20時から生放送の「関西ウォーカーTV」さんでも、特集担当の金山さんと、鉄道バナシをしちゃいますよ♪
視聴URLはhttp://ustre.am/m0oGです。
ソーシャルストリームから、ご参加をお待ちしております☆
鉄道教育
久々に豊橋の実家へ帰っています♪
まずは、アーバンライナーで名古屋へ。



途中の車窓からは、長谷寺駅がたくさんの方で賑わっている様子が見えました(^^)
四季折々の花で彩られる長谷寺。
今はボタンのシーズンだそうですよ♪

名古屋駅に到着し、名鉄さんの券売機でμチケットの指定席購入画面をチェック。
ちょうど良い時間に、大好きな1000系「パノラマスーパー」が豊橋行きの特急に入っていました(^^)



やっぱりこの景色を見ると
「帰ってきたなぁ」
と、ホッとします(^^)

豊橋鉄道渥美線に乗って



大清水駅へ。
今回は黄タキ号(自転車)持参なので、そこからはゆっくりと自転車で走りながら、実家へ帰りました☆

お夕飯を食べていたら
「お母さんたちね、4月の終わりに三春町(福島県)の滝桜を見に行ってたのよ。福島はどこも桜が満開で綺麗だったぁ」
と話してくれました。
そして父がニヤニヤしながらスマートフォンで撮った動画を見せてくれました……って、これ、会津鉄道さんの湯野上温泉駅じゃない!
「どうしても行きたかったから、寄ってきちゃった~♪車で着いたら、あと10分くらいで列車が来るっていうから、入場券を買って、撮り鉄さんたちと一緒に撮ったのよ」
と、母。
流石♪
やっぱり、私はこの二人の娘なんだなぁ(^^)

私「いいなぁ、私最近会津鉄道さんへ行ってなくって。今度は東武鉄道さんに乗って行ってみたいな。私、東武さんで浅草から鬼怒川まで乗り通したことがないんだー」
母「ああ、お母さんはそのルートで乗ったことあるし、沙耶もあるわよ」
私「えっ?Σ(・□・;)」
母「まだお腹の中にいたけどねー」
…どうやら私は、お腹の中にいる時から鉄道教育を受けていたみたいです(笑)
サプライズ☆
UST鉄道情報局第31回放送では、スペシャルなゲストさんがお越しくださいました♪
なんと、関東にお住まいのオオゼキタクさんが番組終盤にご登場!


いらっしゃった時に写真が撮れなかったので、神戸「DREAM TRAIN」イベントの時に、中井精也さんとご一緒に撮らせていただいた一枚を載せますね♪

関西乗り鉄の最中に、USTREAMカフェ大阪さんに来てくださったんです( ´ ▽ ` )ノ
あと少しで大阪市営地下鉄を完乗…ということで、番組中に
「行ってきます!」
と笑顔で出ていかれ、tweetで完乗をご報告されました☆
タクさん、おめでとうございます!
私はあまり完乗にこだわらないので、関西にも乗ったことのない区間がちょっと残っているのです(^_^;)
でも、タクさんが楽しそうに乗車経路や限られた時間の中で多くの路線に乗るテクニックなどを話しているのを見て、乗り鉄の血が騒ぎました♪

その様子をご覧になった番組ゲスト、関西ウォーカー編集部デスクの薮さんも
「乗り鉄、楽しそうですね!」
とノリノリ(^^)
生放送、そして出入り自由なカフェからお送りしているからこそのサプライズでした♪
タクさん、ありがとうございました☆
UST鉄道情報局第31回放送
UST鉄道情報局、第31回放送をご覧くださった皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m
今回は、月後半恒例の特集「鉄道雑誌大解剖」をお届けいたしました。
交友社さんより刊行の雑誌「鉄道ファン」6月号の特集は「485系でたどるJRの25年」。
直流・交流50Hz・交流60Hzと、電化されたところならばお任せあれの特急型電車485系の歴史が、JR発足からの出来事と共に分かりやすく綴られています。
現状が書かれたページは
「485系を使用した定期列車は、こんなにも少なくなってしまったんだ…」
と、改めてため息を漏らしてしまいました。
皆さんも、誌面でご確認ください。

ネコ・バブリッシングさんより刊行の雑誌「Rail Magazine」6月号の特集は「セミセンターキャブ機」。
ボンネットの長さが前後で異なるディーゼル機関車のDD16、 DE10、DE11、DE15。
そんなセミセンターキャブDLの現状を、会社毎に分けて紹介しています。
私鉄のセンターキャブ機もしっかりとページが割かれているので、読み応えがありますよ♪

「RM MODELS」6月号の特集は「Q&Aで始めよう、
鉄道模型」です。
KATOさんから発売の新しいHOゲージへの質問に対して、加藤社長自らお答えになられていたり、鉄道模型のちょっとした疑問なども解消する誌面となっています。
そのほか「RM LIBRARY153 京成青電ものがたり」、「鉄道車輌ガイド vol.9 国鉄時代のEF64 0」のご紹介もいたしました。

今回のゲストは、いつもお世話になっている、関西ウォーカー編集部デスクの薮伸太郎さんにご出演いただきました♪



鉄道に詳しくないと仰るからこそのコメントは、何だかとても新鮮で、楽しい時間でした。
そして、ものすごく素早い雑誌のページさばきは、さすが編集さん!
番組アーカイブはこちらからどうぞ☆
私と薮さんのやりとり、そして薮さんの指さばき、是非ご覧になってくださいね!

番組の最後には5月8日発売の関西ウォーカー誌のご紹介も♪
次号の特集は「日帰り電車旅」。
私も誌面で駅ナカスポットをご紹介しています(^^)
是非是非お買い求めください♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。