小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手柄山交流ステーション
今日は、本日開館した、手柄山交流ステーションへ行ってきました(^-^)
手柄山は、かつて姫路モノレールの終点だった場所。
1966(昭和41)年から1974(昭和49)年という、短い期間しか運行されなかったことと、一昨年まで一度も公開されなかったことから「幻のモノレール」とも言われていました。
その車体を眺めることができるばかりか、車内に入ることもできるという、夢のような施設です。



手柄山駅の建物を転用しているため、当時の雰囲気に浸ることができますよ。



施設内には、当時の貴重な資料やジオラマなども展示されています。
そして、ホーム階から下に降りると



何と、モノレールの下部を、こんなに間近から眺めることができるんです!

姫路モノレールは、ロッキード式という走行方式を採用していました。
この方式の特徴は、コンクリート軌条にある1本のレールの上を、鉄車輪で走行するもの。
左右にもレールがあり、押さえ込む形で車両を安定させます。
この方式は、姫路モノレールと小田急向ケ丘遊園モノレール線でのみ採用されました。
どちらも現在は廃線となっており、向ケ丘遊園モノレール線は既に車両や鉄道施設が撤去・解体されているため、手柄山交流ステーションは、ロッキード式モノレールを見ることができる、とても貴重な施設ということになります。

施設の開館時間は9時から17時まで、休館日は毎週火曜日となっています。
入館料は無料です☆
是非、皆さんも行ってみてくださいね!
スポンサーサイト
4月20日の交通新聞
4月20日の交通新聞2面に、明知鉄道で3月12日から運行を開始した、食堂車付き急行列車の紹介記事が掲載されました♪



なんと、ほぼ全面を使って紹介してくださっています!
見た瞬間、歓声をあげちゃいました。
私は交通新聞を定期購読していますが、なかなかご覧になる機会のない方もいらっしゃるかと思います。
かといって、ネット上にアップするのは問題ですので…これから暫くの間、常に持ち歩くようにしたいと思います。
出演イベント後など、お気軽に声をかけてくださいね(^^)
バッグからごそごそ取り出します♪
もうひとつの物語
昨日から関西先行公開となった映画「阪急電車 片道15分の奇跡」。
阪急電鉄さんから試写会チケットをいただいたものの、お仕事の都合で見に行けなかったので、時間を作って映画館に行こうと思っています♪

私は原作小説の大ファンで、映画化決定の一報を聞いた時には、声を上げて大喜びしました。
まだご覧になっていらっしゃらない方、読後感が素晴らしいので、是非読んでみてください(*^_^*)

そして現在、阪神電鉄・大阪市営地下鉄・南海電鉄・阪急電鉄の各車両には、こんな中吊りが掲出されています。



『映画「阪急電車 片道15分の奇跡」もうひとつの物語』というもので、原作者の有川浩さん書き下ろしの短編連載小説が、ポスターになっているんです。
小説の舞台は、1話が阪神電鉄の高速神戸駅、2話が大阪市営地下鉄のなんば駅、3話が南海電鉄の関西空港駅、最終の4話が阪急電鉄の西宮北口駅。
それぞれの物語は、舞台になっている鉄道会社さんで楽しむことができるという面白い試み(^-^)
まだ4話しか読んでいないので、早く1~3話も読みに行かなくては☆
明知鉄道の食堂車
今日は明知鉄道にて、夏頃発売になるムックの撮影のお仕事でした☆
食堂車での撮影ということだったので、出発・到着時間と相談した結果、久々に大阪から「ワイドビューひだ25号」に乗車して行くことに。



見慣れた鉄路を気動車で進むのは、至福の喜び。
エンジン音を体で感じながら、美濃太田へ。
ここで「ひだ」のキハ85とはお別れし、太多線のキハ11に乗りこみます。
残念ながら窓の外はひどい雨。
美濃太田車両区に留置されている車両たちも、何だか寂しそう…



その後、多治見から中央線に乗り換え、恵那駅に到着!
料理列車が食堂車としてリニューアルしてから、初乗車となりました♪♪



写真は、一般のお客様が乗りこむ前のものです。
料理写真等は、撮影中だったので撮れず…すみませんm(_ _)m
私が食べたのは、今が旬の寒天料理。
今日はもう一両、山菜料理提供の車両も増結されていました。
あいにくの雨でしたが、車内が賑わっているのを見ると、元気が湧いてきます。

そうそう、寒天料理では



天突きを突いて、自分で心太を作ることもできます。
この料理ならではの醍醐味です♪
車内には小さな女の子がいらしたんですが、ちゅるっと出てくる心太に、興味津々でした。

明知鉄道の食堂車は、四季折々の料理を召し上がれます。
ご予約・お問い合わせは、明知鉄道本社
0573-54-4101
までお電話ください。
皆様のご乗車をお待ちしています(^-^)

ムックの詳細は、分かり次第改めてご連絡させていただきます☆
UST鉄道情報局第7回
今日は(書いているうちに日付が変わってしまいましたが(^-^;;))「UST鉄道情報局」第7回の放送日でした。
ご覧くださった皆さん、本当にありがとうございました!
そして、風邪引きだったためお見苦しい点もあり、すみませんでしたm(__)m
アーカイブはこちらから見ることができますので、是非どうぞ☆

今回の放送は鉄道雑誌の誌面紹介をメインにお伝えさせていただきました。
「鉄道ファン」誌の今月号の特集は、485系。
ご意見番の麻上さんと、ロングラン時代の白鳥の話で大いに盛り上がりました(^-^)
以前のブログにも出しましたが、平成13年の白鳥乗車のエピソードは、今でも色鮮やかによみがえる素敵な思い出です。

これからも、私だけでなく皆さんが鉄道で素敵な思い出を紡いでいけますように・・・(^人^)
しばらく
バタバタしていたら、しばらくブログの更新が滞っていました。すみませんm(__)m
ようやく暖かな季節になってきましたね(^-^)
今年は桜の開花が比較的遅く、そして長く愛でることができました。
大阪のソメイヨシノも、日陰の桜はまだ花びらが残っているものもあって、もう少し楽しめそうです。



写真は、樽見鉄道木知原駅の桜。
大親友のかきchan主催が主催する、毎年恒例の明知鉄道でのお花見列車帰りに立ち寄りました。
東海ウォーカーさんのロケ時には固いつぼみだった桜は、どこも満開!
ちょうどやってきたのは、三木鉄道から譲渡された車両でした。
3年前の春を思い出し、懐かしさと切なさの織り交じった気持ちになりました・・・

凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

4月30日(土)にネコ・パブリッシングさんより刊行されるムック『阪急だいすき』にて、阪急電車をとことん楽しむ『阪急阪神1dayパス大冒険!!』が掲載されます。
12ページの大ボリュームで、私のマメコラムも散りばめられています(^-^)
お子様向けのムックですが、大人が読んでも楽しめる一冊。
価格は880円となっています。
是非お買い求めください☆




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。