小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こいのぼり
島本駅近くで、れんげ畑にはためく鯉のぼりと列車のコラボレーションを撮影してきました!
撮影時間は短かったものの、風が強かったおかげで、元気に泳ぐ鯉のぼりを見られました。

100430-1.jpg

この時は晴天だったので、真っ白なはるかが更に美しく見えます(^-^)

100430-2.jpg

私はどちらかというと縦構図が多いので、縦位置グリップも大活躍!
しかし、この辺りから曇り空が多くなって・・・

100430-3.jpg

お目当てのスーパーはくと通過時間はどんより曇り空。
せっかくの車体色を生かしきれませんでした。
ううーん、なんだか悔しい結果になってしまったので、もう一度リベンジしに行けたらいいなぁ・・・

スポンサーサイト
ぐりぐり
100429-1.jpg

前々からどうしても欲しかった、D200用の縦位置グリップを買っちゃいました♪
すっごく嬉しいのですが・・・やはり重い(^-^;;)
携帯で写真を撮っているときにも、腕がプルプル(笑)
でもこれで乾電池が使えるようになったので、祈るような気持ちで充電池を温めることもなくなります。
明日晴れたら、どこかへ撮影に行こうかな・・・


奈良へ
昨日今日と、母と叔母が奈良へ旅行にきていました。
今日の午後は私の時間が空いていたので、近くだしせめて顔だけは出そうと、橿原神宮前駅で待ち合わせ。
ここから大和八木駅へと向かい、豊橋へ帰る母は伊勢中川方面・長崎へ帰る叔母は大阪難波方面へ向かうので、私は二人を見送りしてから帰ろうと思っていたのですが・・・

私が待ち合わせ場所へ向かっている最中、今日から始まった『平城遷都1300年祭』のポスターをたまたま見かけた母と叔母は
「朱雀門を一目だけでも見たい!」
と惚れ込んだらしく、究極予定変更。
合流後、会場最寄り駅の大和西大寺へ向かいました。

駅に到着すると、さっそく「彼」がお出迎え。

100424-1.jpg

平城遷都1300年祭の公式マスコットキャラクター「せんとくん」です(^O^)
目線が、大和西大寺に続々やってくる車両が気になっているように見えるのは、私だけ…?(^-^;)

会場に入り、母と叔母が見たがっていた朱雀門へ。

100424-2.jpg

朱雀門は平城京の正門で、かつては門前で外国使節の送迎などが行われたそうです。
母・叔母「あ、あっちも素敵!」

100424-5.jpg

私が平城京跡のなかで一番好きな、第一次大極殿です。
天皇の即位式や外国使節との面会といった、国のもっとも重要な儀式に使われていたこの建物は、写真ではとっても小さいですが、実際に見るとこの距離からもその重厚感が伝わってきます。
と、辺りに踏切警報音が鳴り響きました。

100424-3.jpg

第一次大極殿と12200系のコラボ!
これは大興奮(^-^)
会場を横切る形で近鉄奈良線が走っているので、鉄道ファン的にもとっても楽しめます☆

もう一つ、会場には気になる乗り物が・・・

100424-4.jpg

高齢の方や体の不自由な方、3歳以下の幼児、妊婦さん、その他歩行の困難な方が乗車できる「ハートフルトラム」です。
帰りの電車の時間がギリギリということで、後ろ側からの撮影しかできませんでした(^-^;)
急遽決めたプランということでかなり早歩きでの観光になりましたが、帰りの列車にも無事乗車。
母と叔母は笑顔で帰っていきました♪

摂津富田駅で
今日は、京都へ行った帰りに摂津富田駅で途中下車してきました。
この駅のホーム上屋を支える柱には、とても珍しい古レールが使われているんです。

100423-1.jpg

100423-2.jpg


写真ではちょっと分かりにくいですが、イギリス・ダーリントン社製造の双頭レールが使用されています(^-^)
双頭レールとは、その名のとおり2つの頭を持つレール。
日本の鉄道黎明期に用いられていたもので、磨耗したらひっくり返して反対側を使用することができます。
しかし、軌間の調整が難しいことや特殊な受け金具が必要でコストがかさむことから、現在使用されている平底レールに統一されました。

日本の鉄道の歴史を見つめてきた双頭レール。
関東では、旧新橋停車場でその姿を見ることができます。
こちらは、実際に枕木に固定された状態を見ることができるので、オススメですよ♪

明知鉄道沿線ガイド
100419-1.jpg

明知鉄道の職員の皆さんと、私・小倉沙耶とで製作したパンフレット「明知鉄道沿線ガイド 明智駅編」が完成しました!
明知鉄道がもっと好きになるまめ知識や、明智町についての説明、職員の皆さんオススメの沿線スポットガイド等、様々な情報がギュッと詰まっています。
明智駅構内で配布しておりますので、お越しの際はこのパンフレット片手に散策を楽しんでくださいね!

そして、明日の中日新聞朝刊・岐阜県版にて「明知鉄道沿線ガイド 明智駅編」についての記事が掲載されるそうです。
岐阜県内にお住まいの方、是非是非チェックしてみてください~(^-^)

凸凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

今日は、ひたすら勉強の一日でした。
「茗荷でも食べたっけ?」と思ってしまうほど、忘れっぽい自分の頭が恨めしいのですが、学生時代と違い勉強すること自体は楽しいので、それだけは救いかも(^-^;)
学生時代は勉強嫌いだったんですが、今思うと「勉強をさせてもらえる場所・時間」って、なんて贅沢なんだろう・・・って思ってしまいます。

あ、茗荷を食べると物覚えが悪くなる・・・というのは迷信ですよ。念のためm(__;)m


ごほうびは嬉しいもの
s-ごほうび料理

4月6日から、明知鉄道で新しいグルメ列車「花白ごほうび列車」が運行を開始しました。
花白という名前でピンときた方もいらっしゃるかもしれません。
この列車で出される料理は、花白駅前にある立ち寄り温泉施設「花白の湯」さんが調理し、地産地消にも力を入れた、目にもお腹にも満足できるもの。
今までのグルメ列車との違いは、デザート等が途中駅で積み込みされることです。
何をどこで積み込むかは当日のメニュー構成次第とのことで、絶妙のタイミングで出されるデザートを楽しむことができます。
そして、列車名にもなっている「ごほうび」は、花白の湯の入浴券なんです!
当日温泉に浸かってリラックスするもよし、次回来た時に楽しむもよし、絵葉書タイプになっているので大切な方へ旅の思い出を込めて送ってもよし・・・と使い方は様々。

ちょっと想像してみたのですが、一日の仕事を終えて家へ帰ってきたら
「明知鉄道で、花白ごほうび列車っていうグルメ列車に乗ってきたよ!すごく良いところだったので○○さんも是非!」
なーんてメッセージと共に、入浴券つきの絵葉書が届く・・・
私なら、葉書をもらっただけで疲れがスッと抜けていきそうな感じです。
用件はメールで済ませることが多く、なかなか直筆の葉書や手紙を送る機会のない昨今。
コミュニケーションにも一役買ってくれそうですね。
運行は毎週水・木曜日で価格は5000円(明知鉄道フリーきっぷ付き)です。
平日運行ということで、乗りづらい方もおられるかと思いますが、ゴールデンウイーク中も運行されますので、是非「花白ごほうび列車」へご乗車ください(^-^)
実は私もまだ乗りに行けていないので、先に乗られた方の感想もお待ちしています♪
明知鉄道DMV実証実験レポート④
☆4月9日のブログの続き(ラスト)です♪

DMV第3便発車後、少し間があったので走行写真を撮影してきました(^-^)
前回DMVの走行写真を撮ったのは、深夜3時近く。
流し撮りでもぼやけた感じに写ってしまって、いまいち走行中のイメージはわき難い状態でした。
今回はせっかく明知鉄道を走行するDMVを撮影するのだから・・・と、「日本大正村」の刈り込みがある場所でカメラを構えました。
「うわっ!来たっ!」
少し離れたところでカメラを構えていた方の声で、DMVがすぐそこまで迫っていたのだと気がつきました。
それくらい、特に下り勾配を走行するDMVは列車のような気配がないんです。
乗っている時にはそう感じなかったスピード感にうろたえながらも、何とかパシャリ!

100415-1.jpg

刈り込みと共に、フレームへ収めることができました♪
横から見ると、タイヤの前輪が浮き上がっているので、ちょっぴりウィリー走行しているようにも見えますね(^-^;)


当日最後の発車である第4便の出発合図を出す頃には、陽も西に傾き始めました。
朝一番からずっと、黄色い車体を熱く見つめていた男の子に
「朝から来てくれてありがとう。楽しかった?」
と訊いたら
「楽しかった!乗りたかったけど・・・」
と、少し悔しそうな顔をして答えてくれました。

DMV導入には様々な壁が立ちふさがってます。
ハードとしての問題やコスト面だけでなく、どれだけの方が利用してくださるのかということが、一番の問題です。
今回の実証実験で、明知鉄道は沢山の方々の注目を浴びました。そして、現状も全国の方に知っていただけたかと思います。
まずは今の明知鉄道に興味をもっていただくこと。
これが、私の役割だと思っています。
これからも、明知鉄道を好きになってもらい、乗車していただいて、その方がリピーターさんになってくださるように頑張ります(^-^)
そうそう!
伊藤桃ちゃんが東京に帰ってからブログアップしよう…と思っていたら、ちょっと日が経っちゃいました(^-^;)


100413-1.jpg

先週、桃ちゃんが四国旅行へ行った帰りに、大阪へ立ち寄ってくれました♪
3月に会った時、四国へ行ってみたいと話していた桃ちゃん。
4月の頭に
「四国に行ってきます」
とメールがあり、オススメ路線を伝えたら、実際にその路線を楽しんでくれました(^-^)


桃ちゃんの撮った写真を見ながら、カフェでワイワイ…
「桃ちゃん、どの写真もピーカンな空だね」
「私、晴れ女なんです!」
正直羨ましくなるくらいの光線具合で、私もまた四国へ行きたいとうずうずしちゃいました☆
なごみ
週末は久々に喉風邪をひいてしまいました(T-T)
月曜日に雨の予報が出ていたので、土日が桜と列車を絡めて写真が撮れる最後かな・・・と思っていたのですが、熱が引かずずっと布団の中に居ました。
今朝、ようやく復活できました~(^-^)
私の周りでも、喉風邪が流行っています。
皆さんもどうぞ気をつけてお過ごしくださいm(__)m


眠気がない時に、布団の中で携帯電話の中のメールや写真を整理していたら、ブログに出しそびれていた写真がいろいろと出てきました。
こちらもその一つ。

100412-1.jpg

先日上京した時に途中の熱海駅で遭遇した、JR東日本のハイグレード車両・E655系「なごみ」です!
実車は初めて見たので大興奮!!
写真や映像では、阪急のマルーン色に似ているように思えましたが、実際目にするともう少し薄めの色合いでかなり印象が異なりました。
しかし今でも脳裏に残っているのは、驚くほどピカピカの車体です。
あの光り輝く様が、独特の威厳を生んでいるのかもしれませんね。

明知鉄道DMV実証実験レポート③
☆4月2日のブログの続きです♪

DMVは3日間とも4便運行され、1便と4便は「体験ルート」、2便と3便は「観光ルート」となっています。
いずれのルートも、まずは岩村駅前をバスモードで出発します。すぐ駅裏に設けられたモードインターチェンジで鉄道モードとなって明智駅へ到着、その後バスモードで岩村駅へと戻るコースが体験ルート。
観光ルートは、バスモードで岩村歴史資料館へ向かい、その後鉄道モードとなって明智駅へ到着。バスモードで大正村内を走行後に岩村へ戻る2便と、先に鉄道モードで明智駅へ向かい、バスモードで大正村を走行、山岡にある道の駅「おばあちゃん市・山岡」へ寄って岩村へ戻る3便とがあります。
私は今回の実証実験では、20日の第2便に乗車しました。

100409-1.jpg

DMVはトヨタのマイクロバス「コースター」を改造して造られています。
マイクロバスなので車内は少し狭め。

100409-2.jpg

気になっていたモードチェンジは、乗車していると「え?もう終わったの?」
という感じです。
それだけ違和感や衝撃が少ないということ。
実用化され、病院へ通うお年寄りが乗車することを考えた場合、ショックが少ないのは嬉しいですね。

凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

乗り換え検索サイト駅探さんで連載している「小倉沙耶レポート」が更新されました!
今回の記事は>「えちぜん鉄道に乗って、かっちゃまのさぎっちょまつりへ!」です(^-^)
お祭りで賑わうえちぜん鉄道さんと福井県勝山市の左義長まつりの模様をレポートしています。
是非是非ご覧ください♪

乗り換え案内、時刻表、路線図を提供するサイト 駅探
花降る駅で
今日は、樽見鉄道さんへ行ってきました☆

樽見鉄道さんでは、薄墨桜や谷汲山など沿線に数々の桜の名所があることから、毎年この季節は「桜ダイヤ」と称し、列車の増発や増結を行います。
そして、今年は車両数が足りないことから、同じ岐阜県内で営業している第三セクター鉄道・長良川鉄道さんから、車両(ナガラ10)が応援に来ています。
八分咲きの桜が咲き、平成2年3月まで営業に就いた後静態保存されているオハフ500が見守る谷汲口駅にやってきたのは、ナガラ10と…

s-DSC_0035.jpg

ハイモ295-617!!
三木鉄道最終列車で花束贈呈を行ったご縁で、昨年3月1日に行われた「ハイモ295-617運行開始イベント」で運転士さんに花束贈呈をさせていただいた、思い出の車両です。

三木と長良川が仲良く手を繋ぎ、樽見の花降る駅へ…
感動と興奮と懐古心と嬉しさが一気にこみ上げてきて、暫く震えが止まりませんでした。


樽見鉄道さんの「桜ダイヤ」は4月14日(水)まで。
ナガラ10とハイモ295-617の併結は期間中いつでも見られるわけではないようですが(実際今日も、ナガラ10の併結相手は午後からハイモ230-313に変わっていました)、運が良ければ目撃できるかもしれません。
是非、見に行ってみてくださいね(^-^)

s-DSC_0045.jpg
(木知原駅にて)
アケチのお花見大作戦2010
20100403192033
今日は明知鉄道にて、親友のかきchan主催の「アケチのお花見大作戦2010」が行われました。
毎年欠かさず鉄道でお花見を続けて13年。
ここ3年は明知鉄道で開催されています。

私はかきchanと共に矢絣袴姿で参加(^-^)
実は、先週大正村で行われた「き・も・のin大正村」に彼女も来てくれました。
袴が簡単に借りれることを知り
「じゃあ、来週一緒に着よう!」
ということになったんです。


車内では参加者の皆さんが、サプライズで私のバースデーケーキを用意してくれていて、思わず号泣…
一生の記念になりました♪
明知鉄道DMV実証実験レポート②
遅くなりましたが、3月27日のブログの続きです。

岩村駅前でのセレモニー後、来賓の方々はDMVに乗り込みました。
見学のみなさんは岩村駅構内に設けられた「モードインターチェンジ」(バスモードと鉄道モードを切り換える場所)へ移動。
バスモードのDMVがモードインターチェンジへ到着し、いよいよ鉄道モードに切り替わります。
まずは東濃バスの運転手から明知鉄道の運転士に乗務が交代。
道路と鉄路では免許が違うため、モードを切り換える前にはこの作業が入ります。
運転席に設けられたスイッチを押すと、前輪はタイヤが浮き、鉄輪がレールの上へ下ろされました。
後輪側は、前輪と同じく鉄輪が下ろされるのですが、タイヤはそのまま。
このタイヤがDMVを動かすんです。

私は、第一便の出発合図を出させていただきました。
DMVが動き始めた瞬間、ホームから見守る皆さんの大きな拍手が聞こえ、思わず手を下ろして私も拍手したい気分になったのですが、危ない危ない、列車が過ぎるまでは手を挙げていなくちゃいけません。
無事に黄色い車体が走り去った後、後姿に大きく手を振りました。


☆この間はカメラを持っていなかったので、写真がなくってゴメンナサイm(__)m

凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

昨日、テレビ東京系列で放送された「鉄道大好き」で私が映ったと教えて下さった皆さん、ありがとうございます(^-^)
明知鉄道DMV実証実験の様子が放送されたとのこと。
友人が録画したそうなので、私も今度見てみます~☆




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。