小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕方の古レール
夕方見る古レールは、何だか切ない気分になるので一番好きです。
7月19日は、天空に乗車した後、まだまだ陽も高かったので近鉄電車でブラリ。
やってきたのは橿原神宮前駅。

夕暮レール

規則正しく並ぶ古レールが、幻想的で美しくて最高です(^-^)
この写真を撮った後、あまりにも素敵な風景だったので、列車を1本遅らせました。
その後は、久々に乗りたくなったので、ビスタEXに乗車。

洗濯バサミ

洗濯バサミも嬉しそう・・・に見えますが、実は外は豪雨(^-^;;)
幸運なことに、最寄り駅に着く頃に雨はすっかり上がり、洗濯バサミとの小さな旅は終了したのでした。
スポンサーサイト
新しいカメラ
ブログにて報告するのを忘れていました(^-^;)
先日、新しいカメラを購入しました。
ニコンのD200です。

D200.jpg

お仕事の都合でどうしても必要になり、ついにデジタル一眼デビューです。
とはいえ、フィルムのドキドキ感と質感はやっぱり捨てられないので、大きいカメラバッグを使う時には2台併用にして、F100の方には専らポジを入れて撮っていきたいと思います(^-^)

D200のCCDはAPS-Cサイズ。フィルムカメラ時代から持っているレンズを使うと、焦点距離よりも1.5倍の望遠になります。
私が持っているレンズで、一番小さいのは28mm。
28×1.5=42mmなので、広い画を撮りたい時にはちょっと不便になってしまいました。
早くAPS-Cサイズ用の広角レンズを購入すれば良いのですが、必須というわけではないので、買うタイミングを逃がしています。


でも、姫路駅で「ひまわりはばタン号」を撮影していた時、広角レンズがなくて後悔した出来事がありました。
それは、コレです。

キハ127と583

右側を颯爽と走っていくのは、583系の団体臨時列車!
気動車の臨時列車しか調べておらず、全く知らなかったので大慌て。
何とか、キハ127と絡めましたが(とはいえ、キハ127のど真ん中に柱があるあたり、慌てっぷりが分かりますね(笑))、広角レンズを持っていれば、はばタンも絡めたのにー(T-T)

早く買わなくちゃ(^-^;;)
日曜日に出会ったトップナンバー
日曜日は、関東のトップナンバーに沢山出会うことができました。
まずはこちら♪

クハE500-1

クハE500-1です。写真を撮らなかったので忘れてしまったのですが、後ろもトップナンバー(確かモハE500-1)でした。

そして、もう一つ撮影したトップナンバーはこちら♪

キハ381

キハ38 1です。
撮影したのは、横田駅。
青空の下、トップナンバーもタブレット交換も見ることができて嬉しかったです(^-^)

凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

8月14日から16日まで、東京ビックサイトにて行われる「コミックマーケット76」にて、私のCDを販売いたします☆
場所は西4階企業ブース「コミックトラベル案内所」、ブースナンバーは931です。
まだ私が参加するかは決まっていませんが、決定しましたらご連絡いたします(^-^)

とりあえず、鉄道サークルさんが参加する3日目(16日)は参加したいなぁ・・・
ひたちなか海浜鉄道
20090726173437
今日は、ひたちなか海浜鉄道さんのキハ223さよなら列車の取材に行ってきました。

沿線は良いお天気。
太陽の光が燦々と降り注ぎ……とても暑かったです…(^_^;;;)

キハ223は非冷房車。
乗っている方は汗だくながらも口々に
「やっぱり非冷房車はいいね!」
と、笑顔で仰っていました(^-^)
松屋銀座鉄道模型ショウ
20090725212612
松屋銀座で27日まで行われている「鉄道模型ショウ2009」に行ってきました(^O^)/

さすが土曜日!
会場は熱気ムンムン。
皆さん、メーカーさんに直接疑問を投げかけていたり、巨大ジオラマ運転実演を楽しんでいたり、とっても楽しそうでした(^-^)


写真は、河合商会さんのタキ35000。
好評につき、再生産が決定したそうです(嬉)☆
第二弾!
皆さんお待ちかね(?)、あのポスターの第三弾(第二弾と書きましたが、どうやら第三弾のようだったようですm(__)mありがとうございます)を発見しました!
(第一弾の記事はこちら)

マナー1

大阪市交通局の、レトロ映画風マナーポスター。今回は、女性車掌さんです(^-^)
第一弾のクオリティを維持するのは大変じゃないか・・・と思っていたのですが、杞憂でした。
「禁じられたかけこみ」というタイトルが、レトロ感とマナー標語の両方を思い浮かべますよね。
そして今回の車番は

マナー3

「49718」でした。
やっぱり芸が細かい!
でも、8を「わ」って読むんでしたっけ・・・?
ポケベル時代も遠くなりにけり。数字の早見表も頭から抜けてしまいました。

マナー2

脚本は、またまた真奈マモルさん。
そしてヒロインの名前は橋瑠奈ちゃん。
主題歌は「瑠奈のかけこマンボ」!!
笑わない・・・笑わない・・・と思いながら撮っていたのですが、かけこマンボはツボに入りました。
人にバレないよう必死で笑い声を抑えながら撮り、今回も暫くは思い出し笑いとの戦いでした(^-^;)


凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ


さて、こちらも第二弾です!

えい出版社さんより明日発売の「旅する鉄道Vol.02」にて“小倉沙耶さんと乗車 国鉄型気動車特急「はまかぜ」と最期の余部橋梁の旅”というタイトルで、記事を書かせていただきました(^-^)
2年後に新型気動車が投入されることが決定したキハ181系特急「はまかぜ」に乗車、架け替えが決定し現在工事中の余部橋梁と山陰を旅しています。

他にも、俳優の半田健人さんがお届けする急行「能登」の旅や、“ママ鉄”豊岡真澄ちゃんが行く銚子電鉄の旅など、今回も盛りだくさんの内容となっています!
是非、ご覧になってくださいね☆
さみしそうな洗濯バサミ
20090719173218
ごめんね。天空の指定席が空いてなくて…(^_^;)




※極楽橋駅到着後に撮影しました(車内清掃後は、撮影しても大丈夫とのことでした)。
うれしそうな洗濯バサミ
20090719172211
良かったね。りんかんに乗れて…(^-^)
久々の再会
20090719112208
佐用で行われている「南光ひまわり祭り」に伴い、姫新線の臨時列車にキハ40が就くとのことで、姫路駅へ見に行ってきました(^-^)


久々にキハ40のはばタン号に会えて感激!

ステップ部には、駅ホームの段差対応で鉄板が敷かれるという改造を施されていました(キハ40姫路色が後ろに連結されていましたが、こちらも同様です)。



さあ、今日は「スルッとKANSAI3daysチケット」を使って姫路に来たので、もう少しチケットを活用したいと思います☆
ついてきた子
20090719074007

おはようございます(^-^)
今日は、早朝からおでかけです。


3時くらいまで眠れなかったので、これから寝たら起きれなさそう…と思い、そのままゆっくりゆっくり準備をして出発。



ぼーっとしていたのか、家の鍵と一緒に洗濯バサミを持ってきてしまったことに、阪神梅田駅で気がつきました…



…まあ、忘れ物をするよりは良いですね(^_^;)
いやはやびっくりしました。
キハ181系の回送
s-DSC_0501.jpg

7月16日に、大津京駅でキハ181系を撮影してきました。
9月1日から3日にかけて越中八尾で行われる、「おわら風の盆」用臨時列車の乗務員訓練に伴う回送で、大津京駅にて10分程度の待避があったんです。


方向幕は「回送」ではなく「試運転」になっていました。

s-DSC_0510.jpg

117系との並びも撮れて大満足☆

s-DSC_0524.jpg

以前も書きましたが、おわら風の盆は雨が少しでも降ったら中止になるデリケートなお祭り。
この日は雨でしたが、当日はどうか晴れますように・・・

凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

ネコ・パブリッシングさんより刊行の「鉄道旅行Vol.3」が本日発売となりました!
42ページから47ページにかけて「小倉沙耶がアテンド のんびりポタポタ一畑電車」というタイトルで記事が掲載されています。
是非是非、お買い求めくださいね。

そして、記事中にも出てくるストラップ2つが、読者プレゼントになっています。
どちらも、私が実際に選んだものです♪
95ページのアンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で各1名様にプレゼント!ご応募をお待ちしております!
その際に、記事の感想も書いていただけたらとっても嬉しいです(^-^)


凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

すみません、おわら風の盆の実施月を書き間違えていました。
ご指摘くださった方、ありがとうございました。
ビール列車
豊橋鉄道さんの夏の風物詩「ビール列車」。
美味しい生ビールが飲み放題でお弁当つき。そしてお土産や、毎便抽選でチョロQなども当たる、毎年大人気の企画です。
団体貸切日、1人から参加できる個人の日、と分かれているのも人気の秘訣。


ええ、毎年大人気です。

個人席が空いてる日に実家に帰ろうと思ったら・・・
既に最終日まで全便満席!
満

豊橋鉄道さんのサイトにて予約状況が見られるのですが、ズラリと並ぶ「満」の字にちょっと悲しくなりながらも、大盛況で嬉しいという不思議な気分です(^-^;;)



そういえば、夏!ビール!といえばビール列車もそうですが、ビアガーデンも気になる季節。
列車が見えるビアガーデンがあったら素敵だなぁ・・・とネットで検索してみると、東京にはいくつかある様子。
関西にもないかなぁ。
列車の中からチェックしてみなくちゃ(^-^)
トリプルワン
クハ103-111


先日、久しぶりに奈良線に乗ったら、車番がクハ103-111でした(^-^)
ゾロ目でいいことあるかな~、と思っていたら、それまで降っていた雨が止んで、夕焼け空に。
さすが、トリプルワン効果!


凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ


ネコ・パブリッシングさんより刊行される、7月18日(土)発売の「鉄道旅行Vol.3」にて「小倉沙耶がアテンド のんびりポタポタ一畑電車」が掲載されます(^-^)
電車も!バスも!船も!ビールも!丸ごと楽しめるチケットを使って、初夏の出雲・松江をご案内。
是非、ご覧になってくださいね☆



感動して泣いてしまった記事
週刊東洋経済

たまたま書店内を歩いていたら、週刊東洋経済という雑誌の7月4日特大号の表紙に「鉄道進化論」と書かれていたので手に取りました。
経済誌ならではの切り口で記事が書かれており、鉄道輸出ビジネスの話や、高速道路料金の値下げによる各地域の鉄道事情レポートは、とても勉強になりました。

四国内における高速道路料金値下げの実情は、JR四国・松田社長のインタビュー記事と共に掲載されています。
JR四国発足時、わずか11kmしかなかった四国内の高速道路。
後の延伸と、鉄道の乗降客数の「負の相関関係」。
そして、高速道路1000円化・・・
松田社長の
「日本の鉄道網を守るための議論もぜひしてほしい」
という言葉が、胸に突き刺さりました。


そして、60ページには
「路面電車はなぜ生き残れたか 自動車王国・豊橋の奇跡」
というタイトルで、豊橋市の特異な地域事情と、豊橋鉄道・市の取り組みについて書かれていました。

愛知県は、日本のモータリゼーションの中心部。
豊橋港は自動車の輸出入で国内有数規模を誇っています。
普通に考えれば、自家用車やバスに押され、路面電車が淘汰されてもおかしくありません。
しかし、観光資源を持たない豊橋市にとって、路面電車はシンボルともいえる存在なのです。

豊橋中心部を、他の地方から来た友人と車で走っていると、皆大抵
「うわっ!黄色の矢印(路面電車用の矢印信号)って初めて見た!」
と、感嘆の声をあげます。
「びっくりした?豊橋は市電が走っとるだにー」
私達は、路面電車(豊橋市民は、豊橋鉄道市内線(東田本線)のことを「市電」と呼びます)があることを誇りに感じています。
その思いと、行政の「市電の走る街」としてのブランド化の努力、そして豊橋鉄道さんの行った「市内線が通る部分は、バス路線を抑制する」という手法が実を結び、今日の豊橋の街があります。
それがこと細かく記事になっていて、立ち読みしながら目頭が熱くなってしまい、そのまま購入。
家に帰って改めて読み、感動して泣いてしまいました。

大きな書店さんにはバックナンバーとして置かれていると思います。
手に取る機会がありましたら、是非ご覧になってみてください。
最近読んだ本
空の顔色を窺いながら過ごすこの季節。
雨のために、出かける予定を取りやめたりすることもしばしば・・・。

そんな時こそ、溜まっているレール刻印写真の解読をしたり、本を読んだりしているのですが、今回は、最近読んだ本を2冊ご紹介いたします(^-^)

1冊目は「青春鉄道」(メディアファクトリー)。

青春鉄道

鉄道路線を擬人化した漫画です。
小さい子供の東武大師線、気苦労の耐えない有楽町線、貨物を大切にする武蔵野線・・・
私は同人誌でこのシリーズを読んだことがあったのですが、その時と同じく、笑いすぎて読むのを中断してしまうほど、ツボに入るネタが沢山ありました。
たとえば・・・・・


えーっと・・・



・・・・・文字にするとシュールなので止めておきます・・・・・・・
たぶん、本を読めば、何故こんなにも面白いのに、内容をブログで紹介できないかが分かってもらえるかと思います(^-^;;;;;)
関東の鉄道がほとんどを占めているので、関東方面にお住まいの方は、より楽しめると思いますよ(^-^)




2冊目は「廃道本」(実業之日本社)。

廃道本

直接的には鉄道と関係ないのですが、廃道の中には、かつて軽便鉄道として使われていた土地がそのまま道路として転用され、やがて廃道となったものもあり、とても興味深いです。
本の中では、軽便用レールが木に飲み込まれている廃道もありました。

写真も沢山使われています。随道の闇の部分は、写真では単なる黒色でしかないはずなのに、その部分を見ているとものすごく寂しいような悲しいような気持ちになり、実際に撮影するのはどれだけ心細いんだろう・・・と考えたりしました。

でも、何よりこの本をご紹介したかったのは
「チョコレートでねじりまんぽを作る」
というコーナーを見ていただきたいからなんです。
ねじりまんぽとは、煉瓦の積み方の一種。煉瓦を傾けて積むことで、力学的に安定した構造になります。
ねじりまんぽ構造のトンネルは、煉瓦がらせん状になっているので、立ってみると吸い込まれるような、不思議な気分になれるんですよ。
それを、手作りのチョコレート製煉瓦と、コーヒーの空き缶の曲線を利用して作っています。
はたしてその結果は・・・写真を見てのお楽しみです☆



皆さんも、最近読んだ本の中でオススメな本があったら、是非是非教えてくださいね(^-^)
明日は、最近読んだ雑誌の話題を書きたいと思います。
夏だなぁ
9300.jpg

久々に、阪急9300系のトップナンバーに遭遇!
7月になり、祇園祭のヘッドマークが取り付けられていました。
このヘッドマークを見ると
「ああ、いよいよ夏だなぁ」
と感じます。

もう2週間もすれば、夏の18きっぷのシーズン到来!
私は今の時期が一番、ウズウズ・ワクワクしちゃいます(^-^)
まるで遠足前夜の子供みたいに(笑)。

夏の恋しい一品
箱根そば本陣

写真は、6月末に上京した時に食べた、「箱根そば本陣」のざる豆腐と茄子天そば。
豆腐のあっさり感と茄子天のジューシーさ、そして、たっぷりのオクラとお蕎麦の喉越しの良さが最高の一品です。
私はお蕎麦もお豆腐も大好き、更にオクラも大好物なので、ぺろりと平らげちゃいました。

名古屋駅構内の名代きしめんでは、東海地区独特の「ころ」メニューで夏を感じることができます。
ころとは、冷たいかけ汁で食べるうどんやきしめんのこと。
特にころきしめんの食感はたまりません。

関西では、姫路駅構内にて「冷やしえきそば」が供されています。
今年はまだ食べていないので、早く夏を感じに行きたいなぁ(^-^)

皆さんがご存知の、夏独特の駅そばメニューってありますか?
鉄道で旅をしている時に、よくお世話になる「駅そば」。
地域特有の季節メニューを食べられると、何だか得した気分になりますよね♪


突然の電話
今朝。


ブルルルルル…ブルルルルル…


布団の中で携帯のバイブレーションに気がつき、半目でモニタを見ると「横見さん」の文字。
∑( ̄口 ̄;)??

「もしもし?!」
「あ、沙耶ちゃん?今大阪なんだけど、暇?」


幸いなことに、今日は夕方から用事があるのみだったので、お昼に待ち合わせし、お喋りしてきました。
待ち合わせ場所は、横見さんが大阪の待ち合わせスポットをあまりご存知ないとのことだったので、正午にJR大阪駅構内とだけ決め、あとは現地で電話して会いましょう、ということに。

私は大阪に住んで何年か経つので
「当たり前の景色」
となっていたのですが、土曜の正午に大阪駅構内といえば…
「もしもし沙耶ちゃん?トワイライトが入線してきたから10番線の先頭にいるんで」
あ、なるほど!
最初から待ち合わせをここに指定すればいい程の、素晴らしいスポットでした。

090704_1.jpg

出発するトワイライトエクスプレスを見送り、横見さんとお昼ご飯。
その後、新大阪から新幹線に乗り込む横見さんをお見送りしました(^O^)/~~

090704_2.jpg

いやはや、予想外で楽しい日中を過ごせました。

横見さん、突然ながらとても楽しかったです。
お忙しい中、ありがとうございました(^-^)
長浜鉄道スクエア
今日は、母と米原で待ち合わせをして、長浜へ行ってきました(^-^)

まずは、長浜鉄道スクエアへ!

旧長浜駅

現存する日本最古の駅舎である旧長浜駅舎は、総レンガ造り…ではなく木骨構造のコンクリート造り。
しかし、窓周りや扉といった部分に効果的なレンガの用い方をしていて、古さを全く感じさせません。

ED70.jpg

北陸線電化記念館に展示されている、日本初の量産型交流用電気機関車、ED70 1と共に記念撮影!
母に撮影をしてもらっていたら…ふと、小さい頃連れて行ってもらった青函博覧会函館会場にて、ED75のモック前で写真を撮ってもらったことを思い出しました…

釜

隣に展示されていたD51 793号機は、ボイラーの内部がライトに照らされ、細かな部分まで見学できるようになっていました。
これには母も大興奮。
「大井川鉄道の博物館にあったSLより、大きいし迫力があるね!」
え?∑( ̄口 ̄;)
お母さん、いつの間にロコパークへ…!



長浜鉄道スクエアを出た後は、黒壁ストリートでパスタを食べて、黒壁美術館でエミール・ガレの作品にため息をついて…
久々に二人でのんびりした時間を過ごしました。
お母さん、ありがとうね(^-^)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。