小倉沙耶のやわやわ日和
鉄道アーティスト小倉沙耶の、マイペースな鉄生活ブログ。
小倉沙耶公式Website    コクラノオフィス

写真 (15)



プロフィール

小倉沙耶/こくらさや

Author:小倉沙耶/こくらさや
鉄道アーティスト・都市交通政策技術者・ブライダルトレインMC/プランナーの小倉沙耶です。
デビューしていつの間にやら12年。話す仕事や書く仕事など「鉄道に関わる全ての人がいつも笑顔でいられるお手伝い」をモットーに、鉄道に関わる様々な活動をしています。
どうぞよろしくお願いします。
☆お仕事のご依頼等は上部公式ウェブサイトよりお願いいたします☆



Twitter



最近の記事



月別アーカイブ



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしい日
皆さん、沢山のバースディメッセージをありがとうございましたm(__)m
一つ一つのメッセージをじっくり読ませていただきました。本当に嬉しいです。
また、お会いしてお話しできた方もいらっしゃいました。今日はとっても寒かったですが、温かい言葉をいただけて幸せでした。
重ね重ね、本当にありがとうございます。


私個人の中で、奇数の歳は「うっそうと茂った森の木を切ったり、草を刈ったりする歳」、偶数の歳は「木を切った所をならして、道を作る歳」となっています。いつからそう感じ、行動しているかは覚えていないのですが(^^;)
今年はきちんと道を整備して「小倉沙耶はこんな道を作ったんですよ」と言える状態まで持っていきたいと思っています。

凸ΩΩΩΩΩ

明日は三木鉄道、島原鉄道(島原外港~加津佐間)の運行最終日です。
私は三木鉄道さんで、最終の三木発厄神行き列車において花束贈呈をいたします。また、改札等のお手伝いもいたします。

稲継先生


写真は、三木鉄道の写真集を出版されました三木高校の稲継泰朗先生です。
先生とは三木鉄道最終日への思いをメールでやりとりしていたのですが、今日ようやくお会いすることができました。
写真集のイメージ通り、朗らかで優しい方でした(^-^)
稲継先生の三木鉄道写真集ホームページはこちらです。


いろんな人の思いを乗せて、最終列車は走ります。
乗った年月が長いとか短いとかそんなことは関係なく、きっと、あなたの思い出を車両も線路も覚えています。
どうぞ最後までご安全に・・・

スポンサーサイト
あと2日
三木鉄道。
初めて乗ったのは2003年でした。
当時は加古川線が非電化の頃で、全線電化のための工事が既に着工していました。
非電化路線が好きな私は、移りゆく加古川線をフィルムに残そうと、よく撮りに出かけていました。
その撮影の合間に初乗車。
車内には誰も乗っておらず、厄神から三木まで乗客は私一人でした。
帰りは石野駅で下車。
そのままブラブラと厄神まで歩いたのですが、三木から石野の間も乗客は私だけ。そして、その後厄神から三木へと向かう列車を沿線から見た時は、乗客が一人も居ませんでした・・・。



その後も度々乗車しましたが、2桁の乗客数だったことは稀でした。加古川線電化直前は、三木鉄道も賑わっていましたが・・・。
以前のブログで、三木駅の貨物取り扱いホームについてお話しした事がありましたが、三木鉄道は元々貨物輸送を主目的として開通した路線であることから、人の流れと違う方向に線路が伸びています。
このような路線は全国にいくつかあり、貨物輸送の終焉と共に廃線問題が浮上することが多いのです。
三木鉄道の前身である国鉄三木線は、廃止対象になり、第三セクター鉄道として再スタート。しかし人の流れと違うというのはやはり大きな問題で、乗客が伸び悩み、今回廃止となります。
先日、事業休止届けが出され濃硫酸輸送が終了した小坂鉄道も、既に旅客輸送は終了していますし、再開の見込みは少ないでしょう・・・。


まもなく廃線を迎えようとしている三木鉄道には、別れを惜しむ沢山の方々が乗車されています。
いつもガランとした車内を見ていた者として、嬉しくもあり、廃線が間近だという証拠でもあるので淋しくもあります。


あと2日。
私は30日、31日両日とも三木鉄道に居る予定です。

凸ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ


ストラップ


現在、三木駅で様々なグッズが販売されているのですが、この革ストラップは私が三木鉄道への思いをこめて作ったものです。
三木鉄道の社員さんやグッズ販売の方たちにお見せしたところ
「これは思い出になるね」
と言われ、いくつか作ってほしいという依頼を頂きましたので、今日は一日このストラップを作っていました。

「MIKI RAILWAY    1916-2008」

という刻印は、一文字一文字、私が打刻しています。
こういったクラフトワークは以前にもよくやっていたのですが、今回は久しぶりだったので打刻していると腕が疲れてきて・・・(^^;)
もしよろしければ、お買い求め下さいねm(__)m


明日、明後日と天気予報に傘マークが出ていますね・・・
なんとかお天気がもってほしいですが、お越しになられる方はどうぞお気をつけ下さいね。

あと4日
あと4日で、三木鉄道と島原鉄道の島原外港~加津佐間が廃止となります。
どちらもなくなることは寂しいですが、残る日々を安全に運行し、無事に最後を飾ってほしいですね・・・

そういえば、先日は私の母が島原鉄道の廃止区間にお別れしてきたそうです。
小さい頃から遠足等でよく乗っていたとのこと。
さくら、あかつき、島原鉄道と次々に思い出が消えていくので悲しいと言っていました。

私の記憶にある島原鉄道初乗車(幼い頃乗ったことがあるそうですが覚えていません(^^;))は、急行くまがわが廃止になる少し前です。
こういう言い方をすると
「えっ?くまがわっていつなくなったっけ・・・?」
とよく訊かれます(^^;)
急行くまがわは、九州新幹線の開業(2004年3月)と共に姿を消した、九州最後の急行列車でした。

2004年1月。くまがわの乗車や撮影を済ませ、船で島原へ。
キハ20の車内を通る排気管に身体を寄せて、ぬくぬくと温まりながら冬の有明海を見つめていました。
途中すれ違った、初めて見るキハ2500の鮮やかな黄色が、冬の暖かな日差しとあいまって凄く眩しかったのを覚えています。
その記憶があまりにも鮮烈で、昨年の秋に島原鉄道沿線で撮影をしていた時も、上手く伝えられないのですが「光」を感じられる写真ばかり追い求めていました。


3月中にもう一度島原に行きたかったのですが、どうしても予定が組めず行くことが出来ませんでした。
さようなら、島鉄のキハ20。そして島原外港~加津佐間。
少し早いけれど、最終日までにお別れの言葉を書ける機会がないかもしれないので書かせていただきましたm(__)m

コバトンの旅
やあ、僕コバトン。

コバトン3


僕は埼玉県のマスコットで、元々は2004年に行われた「彩の国まごころ国体」のキャラクターなんだよ。
国体が終わった後、県知事さんに
「コバトンはとっても人気があるから、このまま埼玉県のマスコットになってくれないか?」
ってお願いされてOKしたんだ。

僕が着ているのは、埼玉高速鉄道の制服!かっこいいでしょー!埼玉高速鉄道のマーク「SR」も金色で入ってるんだ。
沙耶さんが一目惚れしてくれて、大阪から迎えに来てくれたんだよ。
ちなみに僕の兄弟たちは川口元郷から浦和美園までの駅の窓口にいるんだ。値段は1000円。
思わず沙耶さんは
「1000円??」
って聞き返したんだって。
もうちょっと価値あるオトコに見られてたのかな?嬉しいな。




さて、僕はいま沙耶さんと大阪で暮らしているんだけど、沙耶さんに
「会わせたい子がいるから、一緒に出かけよう!」
って言われて、はるばる姫路駅までやってきたんだ。

新快速を降りて、階段を下って姫新線ホームに向かうと・・・
あっ!!

コバトン1


後輩のはばタンがいる!

はばタン「こんにちはー!」

コバトン2


コバトン「こ・・・こんにちは(大きいなぁ・・・)」

コバトン4


はばタンは、僕と同じように2006年に行われた「のじぎく兵庫国体」のマスコットだったんだ。
沙耶さんと一緒にはばタン列車の中へ。
窓際に座ったらすぐに、列車が出発!
しばらく走ると、車窓はのんびりした感じになったよ。うーん、天気もいいし気持ちいいね!

コバトン5


・・・あれ?
あー、沙耶さんは花粉症持ちだから、山を見て
「花粉が、花粉がぁー!」
って言ってる。僕はハトだから関係ないけど、人間は大変だね。


さて、本竜野に到着!

コバトン6


駅の跨線橋を見て沙耶さんが興奮してるよ。

コバトン7


沙耶「鉄道院時代の鷹取工場製の跨線橋だー!」
コバトン「I.G.R.って何?」
沙耶「Imperial Govrnment Railwayの略で、直訳すると帝国政府の鉄道って意味だよ」

階段や通路は木製。せっかくだから記念写真☆

コバトン8


あっという間に折り返しの時間がきちゃった。さようなら、またいつか来るね。

コバトン「帰りもよろしく!」
はばタン「はいよろこんでー!」

コバトン9




車窓を見ていたら、あっという間に姫路に到着!
短い時間だったけど、すごく楽しかったよ。

コバトン「ありがとう。また乗りにくるね」
はばタン「こちらこそ!また来てねー!」

コバトン10




また本竜野に向かうはばタンにお別れをして、新快速に乗り換えて大阪に帰ったんだ。
そうそう、次の日は今月末で廃線になっちゃう三木鉄道に連れていってもらったんだけどね、僕のことを可愛い可愛いって言ってくれる人がたくさんいたよ。照れるなぁ。
その人たちにも僕の居場所を聞かれたから、最後に埼玉高速鉄道のリンクを貼っておくね。

http://www.s-rail.co.jp/

それじゃあ、おやすみなさーい!
三木とスガキヤ
20080324001205
三木鉄道にお越し下さった皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

バタバタしてなかなかお話し出来なかった方もいらっしゃいました。すみませんでしたm(_ _)mまたいつかゆっくりお話ししたいですね(^-^)

今日は、下石野近辺で午後に少し撮影したのですが、お天気のせいもあってか、あまり人が居ませんでした。
その分、乗車される方が多かったように感じます。


写真は、今日のお昼ご飯☆
三木のジャスコで、近畿圏では貴重なスガキヤラーメンをいただきました(^O^)
久々のスガキヤで幸せ~♪

春眠暁を覚えず
昨日の夜、どうしても眠くて
「ちょっと30分だけ寝て、それからブログ更新と仕事しよう…(-_-)゜zzz…」










∑( ̄口 ̄;)


朝でした(^_^;)ひゃー…

春は、桜も大好きですし素敵な季節ですが、眠気と花粉に悩まされます(^_^;)


慌てて準備をして、三木に到着。
日没くらいまで周辺に居る予定ですm(_ _)m

今日は三木周辺に、午後から雨の予報が出ています。
お越しになられる方はご注意下さいm(_ _)m


それでは皆さん、良い一日をお過ごし下さいね(^-^)
から揚げとチャオ!
3月14日に甲府へ向かう際、15時頃、地元豊橋に降り立ちました。
泊めてもらうお願いをした友人は鶏料理が大好き、その中でもから揚げに目がないんです。
私もから揚げは大好きで、その中でも地元豊橋の駅ビル「カルミア」の中にあるお惣菜屋「アイドルシェフ」さんのから揚げが大好物(^-^)
から揚げだけでも何種類もありますし、何を買うか悩んでいると、次々に他の人が注文してあっという間に売り切れ・・・次のが揚がるまでお待ち下さーい!というほど大人気なんです。
実はこのお店、全国の有名料亭さんにブランド鶏肉(名古屋コーチンや三河赤鶏)を卸している企業の直営店で、地元でも一目置かれています。


今回もお土産のから揚げを買うために訪れると、何種類かのから揚げは揚げている真っ最中。
時間が勿体無かったのとお昼ご飯を食べていなかったこともあり、駅近くの老舗スパゲティ屋さん「スパゲッ亭チャオ」本店で「おやつスパ」を食べることにしました♪
この「チャオ」さん、豊橋市を中心にいろんなところに支店があるのですが、本店はレトロな雰囲気ですごく落ち着くんですよ。

あんかけスパ


これがおやつスパ(ポークピカタ)450円です。地元の食文化、あんかけスパゲティー!
鉄板にもできますよ・・・といって通じるのは愛知の方だけかもしれませんね(^^;)
愛知県のお店のナポリタンスパゲティやミートスパゲティは、薄焼き卵を敷いたアツアツの鉄板に乗せて出てくるところが多いんです。

珈琲とサラダセットは+150円。デザートは150円からあります。
「おやつ」と冠がついていますが、トッピング(ピカタ・コロッケ・からあげ等)もボリュームがありますし、女性なら十分お腹いっぱいになりますよ(^-^)

そうそう、この「チャオ」さん。
名古屋にある「スパゲティハウスチャオ」さんとは別のお店です。同じあんかけスパゲティのお店ですが、味もとろみもちょっと違うんですよ。良かったら食べ比べてみて下さいね。



食べ終えてアイドルシェフさんに戻ると、でき立てのアツアツから揚げがお待ちかね(^-^)
3種類のから揚げを買って、匂いがもれないように何重にも包んでもらい(列車に乗車することを伝えるとしっかり包んでもらえますよ)甲府へと向かいました☆
小田急電鉄「ロマンスBar」イベント
話が前後してしまいますが、15日のMSE乗車前に大手町メトロスクエアで行われた「ロマンスBar」オープニングイベントの、豊岡真澄さんのトークショーに行って来ました(^-^)

元々、彼女のブログで見て気になっていたのですが、進行を務めるのが小田急の濱崎さんとお聞きし
「これは面白そう!行かなくちゃ!」
と、いうことで・・・当日朝は竜王駅を出発(笑)。
何故竜王からスタートかといいますと、元々前日に東京入りする予定だったのですが、ちょうど甲府の友人に
「うちに遊びにおいでー!」
と言われていたので、折角の機会なので泊めてもらいました。
そして、友人は私がタキ好きであることをよく知っていて
「じゃあ、甲府じゃなくて竜王まで送ってあげるよ!」
と、好意で竜王駅まで送ってくれたんです(^-^)
土曜日だから1両もいないかも・・・と思っていましたが、沢山いて大満足☆

20080319-1.jpg


そのまま御茶ノ水→新御茶ノ水→大手町と移動しました。
メトロスクエアに到着すると、大きなMSEモックがどーん!!

20080319-2.jpg


中がバースペースになっていて、カクテルや軽食・お弁当などを購入し、向かい側のテーブルでいただくことができます。

イベント前に、濱崎さんにご挨拶し、一緒に記念撮影。

20080319-3.jpg


楽しみにしてますと声をかけたら、ますます緊張されてました(^^;)

そして10時になり、トークショーがスタート。
司会の方のご紹介で、真澄さんと濱崎さんがステージの上へ出てこられました。
まずは写真パネルを使ってMSEの説明が行われ、その後お二人のトーク。
最初は濱崎さんの表情が緊張されている感じでしたが、真澄さんへ地下鉄線内を走るロマンスカーならではの特徴(貫通扉や様々な防火仕様等)を熱心にお話しされているうちに、和やかムードになりました。
真澄さん曰く、MSEは「チョイ悪顔」とのこと。
確かに運転席の窓の三角ラインはそう見えるかも・・・(^^;)
盛り上がってきたところで、真澄さんのマネージャーである南田さんも登場し、初めてMSEを見た時の衝撃や、試乗の感想等をお話しされました。

20080319-4.jpg


あっという間に時間は過ぎ、トークショーは終了。
記念撮影の後、真澄さんはプレスインタビューで裏へ。そして会場ではロマンスバーが営業を開始し、MSEグッズの販売が始まりました。
私はMSEに乗車したかったのであまり長居はできませんでしたが、MSEのピンバッチがあまりにもかっこよかったので購入♪
ショールやスカーフ留めに使っても素敵かも・・・



そして町田へと向かい、昨日の日記でも書きましたがMSEに乗車してきました。
その後は新宿へ移動。
翌日は三木鉄道に行くため、当日中に大阪に帰らなければならなかったので、小田原までVSEで移動して、お昼ご飯はビュッフェで・・・

20080319-5.jpg


と考えていたのですが、新宿到着がギリギリで、VSEが満席(TT)
後続のRSEに初乗車しました。

20080319-6.jpg


車内では、今までなかなか食べる機会がなかった崎陽軒のシウマイ(シウマイ弁当ではありません)をようやく食べました。
欲しかった陶器製の醤油入れもゲット!

20080319-7.jpg


RSEで1時間ほど贅沢な時間を過ごし、その後は18きっぷを使ってえっちらおっちら大阪へと帰りました。
ロマンスカーがくれた出会い
乗車当日の日記にも書きましたが、15日はデビューしたての小田急ロマンスカーMSEに乗車(町田→表参道)してきました(^^)


町田駅のホームに到着すると、既に人だかり!
皆さんカメラや携帯を構え、入線前からスタンバイOK状態でした。
そしてついに、青い車体がやってきました!

MSEロゴ


早速乗り込むと、意外にも、まずは赤色が目に飛び込んできました。
青、赤、黒、木目調・・・見事なまでにバランス良く配置されていて、高級感を演出しています。

MSE車内


ドーム型の天井は柔らかいイメージで、車内を広く見せています。

MSE天井


さて、車内では私と同じように写真を撮る人でいっぱいでした。
座席は満席。
私は一人で乗車していたので、お隣の女性に
「ちょっと失礼します」
と声をかけ、荷物だけ置いて早々にカメラを抱えたのですが、彼女もにっこり笑って
「そうよね!座ってる場合じゃないものね!」
と携帯を抱えて写真撮影を始めました。


ある程度撮り終えたので座席に戻ると、ちょうど彼女も戻られました。
ブログ用に写真を撮っていただき(15日にアップした写真です)、座りながらいろいろとお話ししました。
数年前までこの路線を使って通勤していたから、その時にMSEがデビューしてくれてたらな・・・とか
あら?大阪なの?私は昔神戸に住んでいたの。
三木鉄道も廃線は残念ね・・・別所駅とか素敵な雰囲気なのに・・・
なんてお話。
三木鉄道の話題でいきなり「別所駅」という単語が出たので、かなりびっくりしました(^^;)
鉄道旅行がお好きらしく、MSEもたまたま待ち合わせまでの時間つぶしにぴったりの時間だから乗車したとのこと。
私もそういうことがよくあるので、お話ししていて楽しくて仕方がありませんでした。


しかし、お話しをしているうちに、彼女は一人で乗車したのではなく、お友達と2人で乗車したものの、連番の指定席が取れなかったことが分かりました。
私は窓側の席を十分満喫したので、女性のお友達と席を交換し、ほどなくして表参道に到着したので下車しました。












そして今日、お話しした女性からメッセージが届きました(^^)
名前等はお伝えしたのですが、わざわざメッセージをいただけるとは思っていなかったので感激しました。


ロマンスカーがくれた、素晴らしい出会い。
一生心に残る出来事となりました。
いつかまたどこかで、笑顔でお会いできますように。

今日は三木鉄道さんへ
20080316093204
おはようございます☆

今日は朝から、三木鉄道さんに来ています(^-^)
乗り・撮りの他、グッズ販売のお手伝い等もしていますので、日没くらいまで居ると思います。
お時間のある方は、是非お越し下さいね(^-^)/
MSE
20080316001804
今日は「始まるもの」として、今日から運行を開始した、小田急電鉄の東京メトロ直通ロマンスカーMSEに乗車してきました(^-^)
…昨日の久留米の次さんのコメントが、そのものズバリだったのでビックリでした(^_^;)


乗車前には、大手町のサンケイビル メトロスクエアで今日から19日まで開催されている「小田急ロマンスバー」イベントの、豊岡真澄ちゃんのトークショーを観に行ってきました(^-^)
実は進行役が小田急の濱崎さんで、最初は緊張していらした感じだったのが、最後には真澄ちゃんのマネージャーである南田さんも交えて3人で熱く盛り上がり、とっても楽しいトークショーでした☆



只今帰宅途中ですので、MSE・トークショーの詳しい話は、また後日させていただきますね。
今日お会いしました方々、本当にありがとうございましたm(_ _)m

始まるもの 続くもの 終わるもの
20080314220804
昨日、終焉を迎える列車の話をさせて頂きました。
最終日の今日は涙雨…というより号泣状態ですね(^_^;)
ご乗車されます方、撮影されます方、どうぞご安全に…。


そして、今日は続くものの話です。
昨日、青函トンネルが開通20周年を迎えました。
実は私の父は函館出身で、私が幼い頃、飛行機や長距離フェリーのチケットが取れない時には、青森から青函連絡船などで函館に渡って、祖母の家に向かいました。


船に乗っている時に、何度も
「この下をトンネル掘ってるんだよ」
と両親に言われたのですが、私はずっと嘘をつかれていると思っていました(笑)
それほど、津軽海峡は荒くて深くて長くて、トンネルなんて夢物語のようだったんです。


しかし、青函博覧会の函館会場に行き、掘削の写真や車両のモックアップ(確かED75)を見て
「本当にトンネルができて、海の下を列車が通るんだ!」
と驚き、ワクワクしたことを覚えています。
大人も子供も説明パネルに見入り、目をキラキラさせていました。



そしてついにドキドキの初乗車!
…実際にトンネルを通ってみると、ただただ真っ暗闇が1時間も続くので…本音を言うと飽きてしまいました(^_^;)
だからこそ快速海峡には「カラオケボックス」なんて面白いものがついていたんでしょうね。ゴロンとシートもありましたし。



長崎本線のブルートレイン運用終了と、青函トンネル開通20周年。
全く違う場所で全く違う出来事ですが、私にとってはどちらも大切な思い出です。
これからもいろんな車両や路線と、思い出を紡ぎたいなぁ…と、雨の身延線沿線を一人見つめながら、しみじみと考えていました。
最後の「あかつき長崎行き」
3月15日のダイヤ改正で姿を消す寝台特急、なは・あかつき号。
3月14日発が最後の運行となるわけですが、明日の京都発あかつき号は、鳥栖行きとなっています。
つまり、長崎まで走る本当のあかつき号は今日でおわかれなんです。


昨年廃止になった寝台特急さくら号。
幼い頃、帰省シーズンには寝台券が満席となってしまうことも度々ありました。
そんな時は新幹線で京都や新大阪に出て、あかつき号で長崎に向かいました。
今、私は大阪に住んでいますが、生まれて初めて大阪の地を踏んだのは、あかつき号に乗るためでした。
豊橋とは全然違う、夜の風景。
夜空に瞬くネオンに、吸い込まれてしまいそう・・・と感じていたことをよく覚えています。


子供の頃、長崎本線はブルートレインでしか通ったことがありませんでした。
母の実家に到着すると、いつも車での移動だったので・・・
大人になって、初めて普通列車で長崎本線を通り、何だか不思議な気分になりました。


いつも当たり前のように乗っていたブルートレイン。
しかし、長崎本線からその姿が消えてしまいます。
3段寝台の狭さに興奮して、一番ヒミツ基地みたいだった上段を妹と本気で取り合って喧嘩したこと。
食堂車でチャンポンを食べたこと。
あかつきで隣の寝台になった関西の兄妹と、なぞなぞの出し合いっこをして盛り上がったこと。
いろんな思い出を乗せて、最後の「あかつき 長崎行き」はゆっくりと京都駅を出て行きました。





今まで、本当にありがとう。
あかつき1


あかつき2


あかつき3

パンダとの会話
おもてぱんだ

パンダ
「やあ!僕は白浜アドベンチャーワールドのパンダだよ!君は、アドベンチャーワールドに来たことあるかい?」



















沙耶
「・・・ごめんなさい・・・・・・・・・ないです(^^;)」

















うらぱんだ

パンダ
「ショボーン・・・・・・・・・・・」






阪堺電気軌道のアドベンチャーワールドラッピング電車に初めて乗ったのですが、つり革も可愛くて、思わず写真を撮ってしまいました(^^)
おおさか東線試乗会
今日は、当選してからずっとずっと楽しみにしていた、おおさか東線の試乗会に行ってきました(^^)

私の当選した試乗行程は

新加美1354-1356久宝寺1413-1427放出1442-1453新加美

です。


まずは関西本線(愛称:大和路線)加美駅からおおさか東線新加美駅まで移動。
明治42年開業の加美駅と平成20年開業の新加美駅・・・目と鼻の先にある駅ですが、印象は大きく違います。
新加美駅に到着すると、既に受付を待つ沢山の人たちで賑わっていました。

新加美正面


ちょっと移動すると、筆文字風のかっこいい駅名表示も。

新加美サイド


受付を済ませると、ワッペン・記念乗車票・記念ストラップをいただきました。
記念ストラップは、今回開業する新駅の駅名板をモチーフとしたチャームが付いていて、かなり凝った作りです。

ストラップ等


出来立てホヤホヤのホームに移動すると、またまた筆文字風表記。

黄色新加美


おおさか東線の新駅は、一駅ごとにターミナルカラーがつけられています。
新加美は黄色、JR長瀬はピンク、JR俊徳道は黄緑、JR河内永和は紫、高井田中央は赤・・・ビビットな色が多いので、どの駅もホームが賑やかな雰囲気です。


PC枕木も真っ白で、新駅って感じがしますよね!

新加美レール


このレールは2006年8月製造でした。いつの間にか、製造月表示が棒線から数字になっています。全く知りませんでした(^^;)


そうこうしているうちに入線時刻!
201系がやってきました。

201試運転


いよいよ乗車し、まずは久宝寺に向かいます。
あっという間に見慣れた風景の久宝寺に到着し、ここまでの試乗行程だった方を降ろして、一旦引き上げ線に入りました。
10分ちょっと待機の後、再びホームへ。
試乗者を乗せて、出発!


新加美から高井田中央までは全て、高架駅になっています。
途中のJR俊徳道・JR河内永和はそれぞれ近鉄大阪線・奈良線と立体交差していて
「おお、立体交差の連続!」
と心の中ではしゃいでしまいました(笑)
しかし、その後の高井田中央の方が、上は阪神高速、地上は中央大通、地下は地下鉄中央線・・・と、もの凄いことになっています。


そして、興奮冷めやらぬまま放出に到着。
久宝寺と同じように到着→引き上げ線へ→再びホームへ→発車という動きでした。


再び高架をぐんぐん進み、新加美で下車しました。
あっという間の1時間!
とっても貴重な体験ができました(^^)
今回は途中下車して駅舎を見学・・・ということはできなかったので、開通後にゆっくりと1つ1つの駅舎を見て回りたいと思います。
開業日は3月15日。
待ち遠しいですね☆
壁紙エディター
何気なく携帯電話をいじっていたら「壁紙エディター」という機能を発見!
説明を見ると「複数の画像を貼り付けて、オリジナルの壁紙を作成できます」とのこと。
・・・もう1年近く使っているのに、こんな機能初めて知りました(^^;;;)

で、早速作ってみた壁紙がこちら。

壁紙


いい感じに写せた好きな車両の写真を並べてみたので、電車と気動車がゴッタ煮状態になっていますが・・・なかなか面白い機能です(^^)
テーマを決めていろいろ作ってみようと思います☆

すきっぷらんらんらん
リキップ


写真は、名鉄協商さんが出しているトイレットペーパーの掛紙です。
名鉄内のお手洗いに行くと、大抵このキャラクターが出迎えてくれて、文字通りなごやかな気分になります(^^)


キップのリサイクル・・・「リキップ」は名鉄協商さんにより商標登録されていて、どうやらこのキャラクターはトイレットペーパーだけでなく、リキップ全体のマスコットキャラクターのようです(名鉄協商さんのホームページでは、リキップの紹介部分でスキップしています)。


実は、磁気乗車券のリサイクルを開発したのが名鉄協商さんで、当初は名鉄と名古屋市交通局の使用済み乗車券をリサイクルするのみでしたが、徐々に持ち込む鉄道会社さんが増え、現在では全国22社・交通局の使用済み乗車券をリサイクルしているそうです。
トイレットペーパーだけでなく、廃棄プラスチックと混合して駅のベンチなどにも使われているとのこと。


で、撮影した掛紙はどこのものかといいますと・・・
JR高松駅で見つけました(^^)
まさか海を越えて出会うと思っていなかったので、キャラと目が合った時はびっくりしました(^^;)


環境に優しい、キップのリサイクル。
実は貴方の近くでも、スキップしているかもしれません。

似ている?
20080306231904
私は、普段のレール観察の時は、見えたものをそのまま記録するだけなのですが、たまに珍しい刻印があったり読みにくいメーカー名だったりする時には、自分でマークやレール製造会社の概要をまとめた、小さなノートで解読をした上で、記録をします。
全部覚えていたらノートは必要ないのでしょうが、記憶力がないのと、外国語がまるでダメというのがありまして・・・(^^;)


で、この間見慣れない刻印を見つけたので、ノートを取り出して該当の説明を探し出し・・・
「おぉー!分かる、分かる!」
と言っていたら、そこに居た友達に
「・・・誰かに似てると思ったら、ムスカ(※)みたい」
と言われました(笑)

なるほど。ラピュタの中心にたどり着いた時のシーンですね(^^;;;;;)
確かに自分の姿が、前のめりで刻印とノートを交互に見ながら喜んでいて・・・ムスカそのもので笑ってしまいました。


※ムスカ=アニメ「天空の城ラピュタ」に出てくる悪役
明知鉄道の魅力再発見ツアーご報告
昨日「明知鉄道の魅力再発見ツアー」が行われました。

実はこのイベント、明知鉄道さんで3/1に新発売となった「おらが鉄道の山岡細寒天入りカレー」「おらが鉄道の山岡細寒天入りスープ」の発売記念も兼ねておりまして、当日は11時半頃より、参加者及び地元の方々を対象とした試食会も行いました。
ご試食いただいた方からは、「本格的な味で美味しかった!」と、とても好評でしたよ(^^)
これらは明知鉄道の有人駅(恵那・岩村・明智)で、一つ450円にて販売されています。
そして何と、パッケージには明知鉄道の使用済み硬券が1枚封入されているという面白い試み☆
お越しになられた際は、ぜひご購入下さいね!


そして、今回のイベント列車の出発時刻となりました。
お世話になる運転士さん(明知鉄道公式ブログを書いていらっしゃる方です。ブログでもイベントのご紹介をして下さいました)に花束をお渡しし、明知鉄道の専務から参加者の皆さんへの挨拶後、出発!
車内では、地元・岩村にある「カネニ商店」さん特製のじねんじょ料理をいただきました(^^)
私も、沿線案内をしつつ食べたのですが、一番感動したのは「じねんじょのお刺身」!
すりおろしただけのじねんじょの上にちょこんと山葵が乗っていて、それを刺身醤油でいただくというものです。
ごはんにかけるためにお出汁等でのばしたものはよく食べますが、弾力のあるおろしたてそのままのじねんじょをいただくのは初めてで、コクのある独特の風味と山葵醤油がすごく合って、とっても美味しかったです。
そして何よりも、同乗して下さったカネニ商店さんの女性お二人の、地元ならではの豆知識やお料理の紹介、面白トークなどで、あたたかな気分になりました。
カネニ商店の方々、本当にありがとうございましたm(__)m


到着後は車庫の見学と、1年前から明知鉄道で販売されています「おらが鉄道せんべい」や先程のカレー・スープの販売会を行い、つづいて日本大正村の散策へ!
出発式の際にご挨拶いただいた専務が、急遽お時間を作ってガイドをして下さると仰っていただいたので、お言葉に甘えさせていただきました(^-^)
今回は時間の都合上、大正ロマン館とそこに至る町並みのみの見学となりましたが、大正村の見所は他にもまだまだ沢山ありますので、今回ご参加された方も、そして残念ながら参加できなかった方も、明智駅へお出での際は日本大正村をじっくりとご散策下さいね。


次は、明智駅から岩村駅に移動。
岩村のノスタルジックな町並みを抜け、岩村醸造さんで初酒の試飲を行いました。
以前ブログでご紹介したトロッコも、実物を見てきましたよ!店舗部分から中庭を抜けて蔵への道のり・・・短いですけれど美しく、興奮してしまいました♪
中庭部分では、醸造に使用する水を飲むこともできます。
試飲会は、到着時間が遅かったことと最終日だったこともあり、3種類中2種類の試飲となりましたが、初酒ならではのふんわりとした華やかな喉越しで美味しかったです(^^)


そして岩村駅に戻り、腕木式信号機の前で記念撮影後、恵那へ移動してお開きとなりました。
この岩村~恵那間も、公式ブログ執筆の運転士さんの担当で、そのまま恵那から明智間の運転をされたのですが、折角お世話になったので、参加者皆でホームに並び、出発する車両を敬礼で見送ることに。
こういうオチャメなこと、結構好きです(笑)


大半の方がその後のセントラルライナーに乗車するということだったので、改札外から皆さんをお見送りしようとしていたら・・・
EF64の重連貨物列車が!!
いきなりだったので皆あっけにとられ、我に帰った瞬間
「しまったー!!」
と後悔(^^;;)
私は見落としたのですが、一両は広島色だったそうです。そ、それはかなり悔しい・・・
ちなみに、11時半の恵那駅での試食会の際にもキヤが通っていったり、参加者の方が甲種輸送を見かけたりと、サプライズが沢山でした☆


お天気にも恵まれ、とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。
濃密なスケジュールでしたが、参加者の皆さんはお楽しみいただけましたか?
今回参加されなかった方も、またいつか、鉄道や沿線の魅力を深く掘り下げるイベントができれば・・・と思っていますので、予定が合えばご参加下さいね(^^)
参加者の皆様、明知鉄道様、ご協力下さった方々、本当にありがとうございましたm(__)m


イベントの記事は岐阜新聞さんに掲載いただきました。
宜しければご覧下さい。
ありがとうございましたm(_ _)m
本日行われました「明知鉄道の魅力再発見ツアー」にご参加いただきました皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m
明知鉄道の魅力、感じていただけましたでしょうか?

只今帰宅途中ですので、詳しくは明日書きたいと思います。

まずは御礼までm(_ _)m
明日は明知鉄道の魅力再発見ツアー
いよいよ、明日は明知鉄道の魅力再発見ツアーです。
明日は恵那駅前で「おらが鉄道の山岡細寒天入りカレー」と「おらが鉄道の山岡細寒天入りスープ」の試食会も行われます☆
こちらは、ツアーに参加されない方でもご試食いただけますので、お近くの方は是非お越し下さいね(^^)
開始時間ですが、12時からの予定でしたが、11時半頃からとなります。


ご参加されます方は、どうぞ気をつけてお越し下さいね。
明日は一緒に明知鉄道を満喫しましょう(^-^)


写真は明知鉄道岩村駅にある転轍機。
スプリングポイントである印のS字マークが入っています。
転轍機




☆☆追記☆☆

試食イベントは、12時頃に着いても十分お楽しみ頂けますので、どうぞご安心下さいm(_ _)m





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。